新シリーズ 足元の風景 - 現身日和 【うつせみびより】

新シリーズ 足元の風景

捨てられた仕事着

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4



 足元の風景というタイトルを思いついた。これまで道ばた風景と呼んでいたグループの写真の中で、地面に落ちているものやそれに近いもの、それらの中である種の物語性を感じさせるものを足元の風景と呼んで、あらたにシリーズ化していこうと考えている。その先で今年作るフォトブックのタイトル候補にもなるはずだ。
 下を見て歩いていないと気づかないことはけっこうあるもので、ときにはしゃがんでみないと見えないものもある。前ばかり見ていると足元に転がっている物語を見逃すことになる。
 それはとてもささやかなものかもしれないけれど、私が見つけなければ誰にも見つかることなく永遠に失われてしまうかもしれない。小さなドラマに微笑んだり、ときに胸を痛めたり、そんなことにいくばくかの価値を見出す。何気なく過ぎていく何でもない日々を愛おしく思えるように。



冬のスズメバチ




うつぶせの人形




つぶれた柿




レインコート




サンタの帽子だろうか




色とりどりの落ち葉




落ち葉と雑誌




メモの落とし物




ハト




供えられた枯れ花

 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4737-8aa91f81