小幡緑地本園、秋の夕景を撮る - 現身日和 【うつせみびより】

小幡緑地本園、秋の夕景を撮る

小幡緑地竜巻池

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm / 60mm F2.8



 小幡緑地本園にある竜巻池、秋の風景。夏の間、飛ぶトンボ撮りをしていた池だ。涼しくなっても最後まで飛んでいたオニヤンマも、秋が深まるといつしか姿を消す。夏の間、あんなにもいた虫たちは一体どこへ行ってしまうのだろう。

 10月に撮った写真なのに、うっかり出すのを忘れていた。あれからもう2ヶ月も月日が流れて、季節もすっかり変わってしまった。
 秋の小幡緑地夕景をお送りします。



小幡緑地緑ヶ池

 緑ヶ池の夕暮れ。
 近場で夕景を撮りたいとき、よくここを訪れる。日が傾いて、太陽が沈み、空が焼けて暮れていくのをずっと眺めている。
 お気に入りの場所のひとつには違いないのだけど、水辺が年がら年中ぬかるみなのがイヤだ。ここを訪れるときはどろんこになってもいい雨靴を履いていかないといけない。



西日に照らされる水面




緑ヶ池夕焼け




空を行くコサギ




夕焼けと飛行機




緑ヶ池に日が暮れる




緑ヶ池夕暮れどき




日が落ちた緑ヶ池




小焼け緑ヶ池




夕焼け空

 日が沈んだらすぐに帰ってしまうのはもったいない。日没から15分くらいすると、もう一度空が焼け始める。焼け戻りと呼んでいるのだけど正式な呼び方は知らない。夕焼け小焼けの歌の小焼けがそうなのかと思ったら、どうやら違うらしい。
 いずれにしても、夕焼け空というのは何度見ても飽きないものだ。なんでもない空に魔法がかかったみたいに思える。
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4699-7b094666