バランスが微妙なサンデー料理 - 現身日和 【うつせみびより】

バランスが微妙なサンデー料理

サンデー料理

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO



 12月に入って紅葉もほぼ終わったことだろう。私の紅葉撮影行きは、やや尻すぼみになってしまった。最後に白鳥庭園へ行って締めくくりにしようという計画は実現しなかった。ライトアップも今日までだった。
 紅葉の白鳥庭園に最後に行ったのは2011年だった。紅葉ライトアップとなると2010年だ。今あらためて写真を見返してみると当時自分が思っていたほど撮れていない。もう一度行ってきちんと撮りたい気持ちはあったから、心残りではある。
 来週のどこかで一日くらいは延長戦として撮れる機会もあるかもしれない。遅いところはまだモミジも残っているはずだ。
 サンデー料理はいつもの通り。



マグロ煮

「煮マグロ」
 酒、みりん、しょう油、昆布だし、ショウガ、塩、コショウ、水を混ぜ合わせたタレに、切り分けたマグロと刻んだ長ネギをしばらく漬け、弱火で加熱する。
 火が通りすぎないうちに火を止める。
 マグロが柔らかくて少し崩れた。



ジャガイモオムレツ

「ジャガイモ入りオムレツ風」
 ジャガイモのオムレツは定番となりつつある。作り始めは団子にするつもりが、途中で方向転換してオムレツになった。
 細切りにしたジャガイモをレンジで5分加熱。
 卵、カタクリ粉、マヨネーズ、塩、コショウ、とろけるチーズ、マーガリン、パン粉を混ぜ合わせ、フライパンにフタをして両面をじっくり焼く。
 たれは、酒、みりん、しょう油、コンソメの素をひと煮立ちさせて作る。
 ジャガイモの食感をある程度残すのがポイントだ。



ナスとニンジンの煮物

「ナスとニンジンの炒め煮」
 茶色を通り越してどす黒くなった。味はよくても見た目が悪い。原因は、あく抜きの時間が足りなかったからか、鉄のフライパンを使ったからか。ナスには火が通りすぎて、ニンジンは加熱不足だった。
 シーチキン缶入りで、味付けは、ごま油、酒、みりん、しょう油、鶏ガラだし、塩、コショウで。
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4694-81f71eb5