森林公園11月後半の風景 - 現身日和 【うつせみびより】

森林公園11月後半の風景

枯れヒマワリ

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO / 9-18mm



 昨日の紅葉編に続いて今日は森林公園11月の風景編をお送りします。
 南門入り口のコスモス・ヒマワリ畑もさすがに枯れて、冬の訪れを感じさせた。湿地ではシラタマホシクサも茶色く枯れて、ホソバリンドウの姿もすでになかった。それでもまだトンボ(アキアカネかな)やイナゴもわずかにいてちょっと嬉しい気持ちになった。カナヘビたちもそろそろ越冬の準備に入っただろうか。そういえば秋の虫たちの声ももう聞かれない。



枯れたシラタマホシクサ




岩本池




百日紅の紅葉

 サルスベリも紅葉する。



枯れたコスモス




雑木林の紅葉




おんぶイナゴ




アキアカネ




黄葉




サルスベリの実




水仙

 早くもスイセンが咲き出していた。



秋枯れの雑木林

 来週、散り葉撮りのためにもう一度行きたいけど、行けなければ次はもう来年だ。 
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4683-ed93d6ee