2006年最後のサンデー料理はオール電子レンジ 2006年12月17日(日) - 現身日和 【うつせみびより】

2006年最後のサンデー料理はオール電子レンジ 2006年12月17日(日)

電子レンジサンデー

PENTAX istDS+Super Takumar 50mm(f1.4), f3.2, 1/30s(絞り優先)



 2006年のサンデーも今日を入れて残り3回となった。カレンダーを見てみると、来週はクリスマスイブでその次は大晦日だ。ということは、今年のサンデー料理は今日が最後ということになる。先週は東京帰りの後遺症で初めて穴を開けてしまったけど、それまでは毎週欠かさずサンデー料理を作った。日曜日にどんだけヒマなんだというツッコミをかわしつつ、一年間休まず続けてこられたことを喜びたい。一週でも怠けてしまうと、私の性格からしてどうしても怠け癖がついてしまうから、続ける気持ちがあるうちは続けたい。3日坊主だった私にさようなら、勤勉な私に初めまして。坊主はもう戻ってくるなよ、勤勉さんいらっしゃぁ~い。どこからおいでになりましたか? などという独り小芝居はこれくらいにして、今年最後のサンデー料理について書いていこうと思う。

 今日は今年一年の集大成ということで、お馴染みの料理を3品作ってみた。作りたくて食べたいものを選んで。ただし、同じようなものを二度作るのでは能がない。今回初の試みとして、すべてを電子レンジで作ってみた。オール電化の時代だもの。現代人だもの。人間だもの。みつをだって今の時代を生きていればきっとそう言っただろう。
 3時間後、苦労の末に私は悟った。確かにオール電化の時代は来ているのかもしれないけど、オール電子レンジの時代は金輪際来ないということを。言葉に尽くしがたい面倒くささとかかりすぎる無駄な時間、そして捨てられるサランラップの山。材料を切ってサランラップで巻いて、レンジに入れて、その間に別の材料をたれに浸けて、チンの音で取り出して、他の食材をラップで巻いてレンジに入れて、違うものをラップに巻いてる途中でチンと鳴るから取り出して、ラップをはずそうとしてヤケドして、またラップに巻いてレンジに入れて、たれを作って、出して巻いて入れて出して巻いて入れて、っていい加減にしろ! としまいには電子レンジから苦情が来そうだった。オレをどんだけ働かせる気だ、という声が聞こえたような気がしたのは空耳だったか。
 とにかくすべてを電子レンジで調理するのはどう考えても無理がある。食材からたれから何もかもをレンジでする必要は全然ない。今回は実験だったからあえてそうしたけど、普通はしない。ライフラインの料金未払いでもガスを止められる前に電気を止められるだろうから、コンロは使えないけど電子レンジは使えるからこれで料理しよう、なんていうシチュエーションはあまり考えられない。たまたま夕飯前にコンロが壊れてしまうとかそういうことがごく稀にあるかもしれないけど。
 肝心の味はどうかといえば、これまたレンジでやると美味しさは少なくとも30パーセント減になる。やっぱり火力って偉大なのねと今回あらためて思った。ときにマイクロウェーブの野郎は石原ヨシズミのナチュラルパーマネントくらい役に立たないのであった。

 右手前は「白身のチーズ挟み、青のりと白ごまかけ」。
 白身に塩コショウを振って、たれ(コンソメの素・牛乳・白ワイン)に10分ほど浸け込んだあとラップをしてまず1分、ひっくり返して1分、チーズを挟んでラップして2分加熱する。
 最後に刻み青のりと白ごまをかけて、温めたたれをかけて出来上がり。これが一番楽だったのだけど、それでも普通に蒸した方が簡単だし美味しいし、電子レンジでやる意味なし。
 左奥は「豆腐の魚介茶巾、味噌しょう油かけ」。
 木綿豆腐をペーパーでくるんでレンジで2分加熱して水分を飛ばしあと、ボウルに入れて砕く。そこへ刻んだエビ、戻しシイタケ、カニ缶、鶏肉、卵、カタクリ粉を加えて混ぜる。あとはラップにくるんで茶巾にしてレンジで3分温めるだけだ。これはレンジ向きの料理で、簡単かつ美味しいのでオススメできる。
 たれは、しょう油、みりん、酒、卵黄、白みそ、だし汁で作った。これもレンジで温めたけど普通は鍋で温める。
 右奥が一番面倒だった「野菜重ねの赤身そぼろがけ」。
 まず材料を輪切りにして、白ワインをふりかける。ダイコン、ジャガイモ、ナス、ニンジン、タマネギ、アスパラガス。その後ひとつずつラップでくるんで、火が通りにくいものからレンジで温めていく。これが時間がかかる。特にダイコンなんてなかなか柔らかくならない。10分くらい加熱してもまだ芯が残った。ニンジンもかかる。ジャガイモはまずまず。ナスやタマネギ、アスパラは早い。レンジで温めるにしても下茹では必要だ。
 そぼろは今回もひき肉ではなく赤身魚で作った。赤身を細かく切って、しょう油、酒、みりん、塩、コショウを多めに加えて混ぜ合わせてレンジで3分。温めると固まるから、取り出したらすぐに刻んだ方がいい。

 こんな無駄とも思える電子レンジ料理だったけど、一つよかったのは料理を始めた頃のてんてこ舞いな自分を思い出すことができたことだ。最近は少し慣れて普通に出来すぎるようになった自分に物足りなさを感じていた。思い返せば今年の最初の頃は、材料を切るだけで1時間かかったり、圧力鍋で作ったカレーが爆発して台所がカレーの海になったり、超高温の油の中に揚げ物を投入してあっという間に黒こげになったり、そんなことがいろいろあった。今となってはいい思い出のそれらに、今回のオール電子レンジ料理も加わることとなって、ちょっと感慨深い。これぞ今年の集大成としてふさわしいサンデー料理と言っていいだろう。今日一日で一年分くらい働いたロートル電子レンジにも感謝しないと。最後はレンジが爆発するんじゃないかと思うほど高温になってたから、ちょっと心配だった。
 来年のサンデー料理は、人に食べてもらえる安定した味付けと、食べたことのない未知料理に挑戦というのが引き続きの二本柱となる。それに加えて、料理絵もやっていきたい。形を崩さずに火を通す電子レンジ調理というのがそのとき役に立つかもしれない。そうなれば今回のオールレンジも無駄じゃなかったということになる。ラップでくるむとかなり食材の形をとどめることができることが分かった。
 そんなわけで、今年一年、サンデー料理におつき合いいただきどうもありがとうございました。いまだ、突撃! 私の晩ごはんは実現に至ってないけど、来年はぜひやりたいと思ってます。日曜日の夕方、食卓に空の皿を並べて、箸をなめながら私の訪問を待っていてください。けど、来年の日曜日は今年みたいにヒマすぎないといいなという気持ちもありつつ、さよならサンデー料理。また来年会いましょう。
 なんて言いつつ、クリスマスイブにのこのこ出てくるかもしれないので油断は禁物です。もしケーキを手作りして一人で食べていたとしても、私を笑ってはいけません。笑った人には私のケーキはあげません。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

さすがですね(・・;)

味は食べた事がないので、なんとも言えませんけれど
見た目は本当に綺麗ですね。
もこさんにかかったら一口で終わってしまうフランス料理やら会席料理を彷彿させますi-228
ここに来るまでには、大変な苦労をされてたんですね。。。
【カレーの海になったキッチン】想像つかない(><)
お料理の我が師匠(笑)来年も素敵なお料理を楽しみにしておりますw

で、来週はケーキなの?w
食べたいヾ(〃^∇^)ノ
もこさんはチョコが好きですe-343
    ↑
 さりげなくアピール(≧m≦)ぷっ!

2006-12-18 21:43 | from もこ | Edit

来年はもっと味付けを

★もこさん

 こんにちは。
 サンデー料理は作ることが趣味なので、味のことまで言ってはいけません(笑)。
 来年はもう少し味についても勉強、研究が必要です。今年はまあまあ普通に食べられるかなというところまでしかいけなかったから。
 料理もホント奥が深いですね。調味料を入れる順番で味が変わったり、微妙な火加減でも左右されたり。
 って、私はどこへ行くつもりなんだ!?
 私の料理を3口で食べてしまうもこさんを見てみたい気もする(笑)。
 もこさんも来年はもっとたくさん作ってみてくださいね。(^^)

 来週はケーキなんですよ。
 でもなんでチョコで作るってことが分かってしまったんだろう(笑)。
 ケーキはまだ一度も作ったことがないんでぶっつけ本番です。
 前に一度、ういろうを作ったことがあって、そのときはレンジの中で大爆発を起こしました。(^^;
 今回は炊飯器で作る予定です。
 上手く作れたら証拠写真を撮っておくから、紹介しますね。もこさんちまでのデリバリーサービスは行っておりません(笑)。

2006-12-19 03:54 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/462-71e58978