夏の道行き風景 - 現身日和 【うつせみびより】

夏の道行き風景

夏休みの少年は公園に

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4



 今日は道行き夏の風景をお送りします。
 学生たちは夏休み。うらやましいようなそうでもないような。懐かしい思い出は残っているけど、もう一度あの時間を過ごせといわれたら苦痛でしかないように思う。通り過ぎてしまったことが美しく思えるのは幻想だ。
 月日が進み、季節が巡るように、私たちも前へ行こう。どちらが前か分からなくても、とにかくこの先を目指して。
 夏が最高潮を迎える頃、私はいつも寂しい気持ちになる。あとはもう夏が行くのをただ見送るしかないから。夏休みが終わってしまうあの悲しい感じは、これからもずっと続くのだろうか。
 夏休みの少年にかける言葉はない。もしあの頃の自分に会うことができてもなんと言ってあげればいいのか言葉が見当たらないように。
 愛おしむようにそっとシャッターを押す。それはきっと、あの頃の自分にレンズを向けているような気分なのだろう。



田んぼの草むしり中




暑い中ランニング




奇抜なファッション感覚




浴衣のひと




夏の桜木と自転車の青年




家はなくても本はある




草刈り作業




夕方の街角




踏切を渡る野球部少年




自転車のじいちゃんさま

 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4571-b769ceba