暑くても普通のメニューのサンデー料理 - 現身日和 【うつせみびより】

暑くても普通のメニューのサンデー料理

サンデー料理

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO



 今日は立秋。暦の上では秋の始まりだけど、実際はこれからが本当に暑くなってくる。夏が本気を出し始めたようで、8月いっぱいは35度をめぐるせめぎ合いということになりそうだ。34度ならなんとかなるけど36度はいけない。できることなら35度以下でお願いしたい。
 サンデー料理は夏仕様ということもなく、一年を通じてあまり季節感はない。暑いから簡単に済まそうとかは思わない。夏野菜を少しでも使いたいと思うくらいで。今日の場合はそれがオクラだった。オクラは普通に好きだから一年中あれば使いたいくらいだ。
 今日のメインはマグロではなく、ナスの天ぷらだった。天ぷらは何回やっても思っている以上に手間と時間がかかる。多少コツを掴んだようなそうでもないような。衣の作り方と油の温度なのだろうけど、上手くいったりいかなかったりで、まだまだ安定しない。



マグロと赤パプリカ

「マグロとパプリカのココナッツオイル炒め」
 赤パプリカは劇的に見た目が派手になる。トマトの赤よりも鮮やかだ。決して美味しいものとは思わないけど、ピーマンのような苦みがないから食べやすくはある。



イカソーメン

「イカとオクラのごま風味和え」
 オクラは塩もみをして、一本のまま2分ほど茹でて、冷水につけてから水気を拭き取るといいらしい。そうすると色鮮やかな仕上がりになるのだとか。確かにそんな気もする。
 イカはイカソーメンとして売られていたものだ。
 ごま油、酒、みりん、しょう油、味ぽん、白ごまをひと煮立ちさせてタレを作る。
 仕上げにかつお節を振りかける。



ナスとタマネギの天ぷら

「ナスとタマネギの天ぷら」
 わりときれいな仕上がりになった。ただ、衣のサクサク感がもう一歩足りない。どうしてもお店のようにはいかない。天ぷらはやっぱり難しい。
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4568-734aa9bc