名古屋と近郊で食パンをめぐる旅 ---ル・プレジール・デュ・パン/ぱんのいえ/ブランパン - 現身日和 【うつせみびより】

名古屋と近郊で食パンをめぐる旅 ---ル・プレジール・デュ・パン/ぱんのいえ/ブランパン

ル・プレジール・デュ・パン

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4



 名古屋と近郊で食パンをめぐる旅シリーズ。今回は東山エリアにある3軒のパン屋さんを紹介します。
 まず最初は、地下鉄東山線の東山公園駅から西へ少し行ったところにある「ル・プレジール・デュ・パン」さんから。
 フランス人シェフが作るパン屋さんが以前東山にあった気がするのだけど、ここがそうだったのか、別の店だったのか、記憶が定かではない。シェフが変わって店の名前も変わったような気がするのは勘違いだろうか。いずれにしても、フランス人がやっているブーランジェリーであることは間違いなさそうだ。
 ケーキも売っていて、カフェスペースもある。
 大通りに面しているものの、店構えは小さいので、見落としてしまうかもしれない。おしゃれで控えめなお店だ。
 駐車場はないので、パンを買うだけなら店の前に路上駐車ということになるだろうか。


ル・プレジール・デュ・パンの食パン

 食パンは小さくて高い。ひと言で言うと、リッチな食パンだ。これがフランス人シェフらしいセンスというものなのかどうか、フランスへ行ったことがないのでよく分からない。タイプとしては、「テーラテール」のグループだ。忙しい朝に牛乳で流し込んでしまうような食パンではない。
 ひとつの基準とまではいかないけど、この食パンはおみやげになるなと思うやつがある。普通、食パンをおみやげにもらっても嬉しくないものだけど、充分おみやげになる食パンというものがあって、これはそのうちのひとつと言える。誰かに食べさせてあげたいという気持ちになったなら、それは美味しい食パンに違いない。
 言い方を換えれば、この量でこの値段は毎日の食パンとしてはちょっと高いなというのが正直なところだ。
 深い香りと味わい、サクッと軽い食感と口どけのよさ。文句なしの食パンだ。

 ル・プレジール・デュ・パンのHP 
 お店の地図
 9時~18時30分
 定休日 火曜日



ぱんのいえ

 同じく東山通りに面したところにある「Boulangerie ぱんのいえ」さん。星ヶ丘駅が最寄り駅になる。
 高級志向の「ル・プレジール・デュ・パン」に対して庶民寄りなのがこちらの店だ。安い、そして旨い。みなさん安くて美味しい店をよく知っている。狭い店内はいつもお客で埋まっているような感じだ。
 かつては「マ・メゾン 元町ベーカリー」という店名だったようだけど、どういう経緯で今の店になったのか、そのあたりの事情は知らない。



ぱんのいえ食パン

 今回選んだのは、生クリーム入りの食パンだった。これが期待以上の美味しさで、ちょっと驚いた。安くて美味しい店だとは聞いていたけど、これは美味しくて安い店と言い直した方がいい。
 非常に軽い歯ごたえと抜群の口どけ。しっかり甘さが感じられるけどしつこくない。何より気取っていない感じに好感が持てる。
 一度きりで判断するのは早いだろうけど、個人的には好きな食パンの上位に来る。もう一度食べて評価を決めたい。

 ぱんのいえのHP 
 お店の地図
 8時~20時
 定休日 月曜・第2・4火曜日



ブランパン

「ブランパン(Blanc Pain)」さんは、住所でいうと天白区植田山になるのだけど、東山動植物園のすぐ裏手なので、東山エリアに入れてしまおう。動植物園の帰りにひょいと寄っていくのもいい。
 ここはレストランでもあるので、そちら目当てのお客さんも多い。駐車場も完備している。
 自転車で行くには坂がきつい。きつすぎる。私は一度で懲りた。どうしてもここでしか食べられないパンがあるというなら別だけど、好きこのんで自転車で行きたい場所じゃない。足腰を鍛えている人には違う意味でおすすめできるけど。




ブランパン食パン

 見た目色白系の食パンだ。選んだのはパン・ド・ミで、中身がぎゅっとつまっている。
 食感はやや特徴的で、ふわふわではなく、サクサクでもない、もちっとしてるというよりもやや重い。香りは悪くないのだけど、ちょっとしょっぱく感じだ。
 一種類の食パンが今ひとつに思えても、違う種類の食パンは好きということもあるから、チャンスがあれば次は別のものを買ってみたい。東西南北、どの方向から攻めても坂は逃れられないのだろうか。

 ブランパンのHP 
 お店の地図
 9時~19時
 定休日 月曜日
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4527-14c32fb1