たいてい名前のないサンデー料理 - 現身日和 【うつせみびより】

たいてい名前のないサンデー料理

サンデー料理

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO



 6月は祭りもイベントもないせいもあって、週末に遠出することが少ない。夏まつりが始まるのは来月からだ。梅雨入りしたといっても毎日雨ばかりというわけでもないから、出かけようと思えば出かけられるのだけど、今年の上半期はかなり出不精になっている。鉄道の旅もしばらくしていない。
 先月からちまちまやっている作業があって(このブログの散策スポット一覧リンク作り)、それがそろそろ終わりそうだから、完成したらどこか撮りに出かけようかと考えている。本格的な夏が来る前に一度海も撮っておきたい。
 そんなわけで、今日もいつもの日曜、いつものサンデー料理だった。



マグロの半生グリル焼き

「マグロの半生グリル焼き」
 いつも買っているマグロは、キハダマグロの短冊が多いのだけど、本マグロとは全然違うのだろうなと思う。まあ、これでも味は充分なのだけど。
 ところで、キハダマグロは関東ではあまり食べられていないというのは本当だろうか。主に関西でよく食べられているそうなのだけど、名古屋のスーパーでも普通に売っている。関東で安いマグロは何マグロなんだろう。



ナスのチーズ和えトマトソース

「ナスのチーズ和えトマトソースがけ」
 ナスとトマトとチーズの組み合わせは間違いがない。ナスは天ぷらで食べるのが一番好きで、二番目がトマトソースだ。ナスの煮物や焼いたのはそんなに美味しいとは思わない。



豆腐炒めの卵とじ

「豆腐炒めの卵とじ」
 名前のない料理の典型的なやつ。木綿豆腐を水切りして、ニンジン、シーチキン缶と一緒にごま油で炒め、スイートコーンと絹さやを加えて、酒、みりん、鶏ガラだし、塩、コショウで味付けをして、最後に溶き卵を入れて半熟まで固まったら完成。
 さて、この料理をなんと呼んだらいいだろう。
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4510-7b825e67