紅葉と寺ネタのラストは三日遅れの浄源寺 2006年12月5日(火) - 現身日和 【うつせみびより】

紅葉と寺ネタのラストは三日遅れの浄源寺 2006年12月5日(火)

浄源寺の三蔵門落葉

OLYMPUS E-1+ZD 14-45mm(f3.5-5.6), f5.0, 1/8s(絞り優先)



 三日遅れの浄源寺。土曜日に行ったという人の写真がびっくりするほどきれいだったので、なんとか間に合ってくれという願いを込めて火曜日の今日行ってみたけど遅かった。もう遅いのや。三日遅れの浄源寺は、あ、あ、あ、あ~あ、あ、あ~、すすり泣き~。
 落葉が始まってからの三日間というのはいかにも長かった。特にここへきて一気に冷え込んだことで、紅葉は駆け足で終わりになってしまった。ワンクール11回の放送予定だった連ドラが10回で打ち切りになってしまったみたいに。なんかエピソード飛んだぞというほど、ストンと幕を閉じた。今回の浄源寺に間に合ってさえいれば、今年の紅葉巡りはほぼ完璧だったのに、ひとつ来年に向けて大きな宿題を残すことになった。
 ここはイチョウが多くて、黄色とカエデの赤が作り出すコントラスト絨毯が素晴らしい。落葉だけならここら一体では群を抜いてきれいだと思う。ほうきで掃かれてしまう前の朝っぱらが特によさそうだ。来年は誰か特派員を派遣しよう(自分で行けよ)。

ひなび戻り岩屋堂

 瀬戸にある岩屋堂は、足助の香嵐渓へ行くほど気力が充実してない人のためにある紅葉スポットだ。あんな大渋滞と人波には耐えられないけど近場で紅葉を見たいぞ、という人たちに人気がある。けれどもちろん、その差はいろんな意味で激しい。ペ・ヨンジュンと橋下弁護士くらいの落差があるかもしれない。
 先週の日曜日まで「もみじ祭り」が開催されていた。今年の賑わいはどの程度だったのだろう。あまりテレビのニュースなどにならないのでよく分からない。この時期に行くと、いつもの無料駐車場が突然500円の有料になってしまうのがイヤで、私はこの時期は避けている。
 もみじ祭りが終わってしまえば、この通り。祭りの後というのを通り越したひなび加減。移動サーカスが去ったあとでもこんなに寂しくはなるまいという風情を全面的に漂わせている。完全に昭和のさびれた観光地という雰囲気だ。私は活気のある時期の岩屋堂というのを一度も見たことがないから、これが普通の姿なのだけど。
 でもここはなかなかいいところなのだ(手遅れ気味のフォロー)。右にはきれいな鳥原川が流れ、珍しい野鳥もいるし、川沿いには散策コースもある。暁明ケ滝と瀬戸大滝という滝があったり、岩巣山という低山ハイクにちょうどいい山があったり、山頂からの眺めがよかったり、夏は川遊びもできる。さびれた雰囲気も、これはこれで味として楽しみたい。
 岩屋堂を笑う者は岩屋堂に泣く、だろう。そしてそれはきっと、私。

ひなび戻り岩屋堂

 写真は浄源寺の本堂と鐘つき堂。
 岩屋堂と浄源寺には深いつながりがある。というより、岩谷堂は現在、浄源寺の奥の院という扱いになっている。岩屋堂というのは、正式名称を岩屋山薬師堂といい、725年、病気になった聖武天皇の回復祈願のために、僧の行基がここの洞窟内で三体の仏像を彫ったことが始まりとされる。のちにそのうちの一体である薬師瑠璃光如来を本尊として岩屋山薬師堂が建立された。ここで祈れば目や耳の病気が治ると言われている。
 浄源寺は、それから700年ほど経った1430年、雲興寺(昨日登場した寺)の二世天先祖命禅師によって、それまでの天台宗から曹洞宗に改宗して建てられた。本尊は、行基が彫った内の一体である白衣観世音菩薩(びゃくえかんぜおんぼさつ)となっている。あと一体はどこにあるのか、私は知らない。浄源寺にあるのだろうか。

 今日は少し宗派について勉強してみたい。仏教の何々宗というのはよく耳にしても、自分の家が仏教徒だったり仏教学校へ行ったりしなければ宗派について知る機会というのはあまりないと思う。何かきっかけがないと、仏教ってのは一体どれだけの宗派があるんだ? オレは猛烈に知りたいぞぉー、なんて興味を抱くこともない。うちは仏教徒ですから! と、聖書の話をしに来るおばさまとかを追い払ったことがある人は多いかもしれないけど。
 私も詳しくは全然知らない。有名な宗派について名前だけ知っている程度だ。軽く調べたところによると、どうやらいくつかの系に分かれていて、その中でまた宗派があるという構図になっているようだ。
 たとえば浄源寺の曹洞宗(そうとうしゅう)は、禅系にあたり、同じ禅系として臨済宗がある。曹洞宗と臨済宗が同じ系統だとは思ってなかった。他には、日蓮宗は法華系になり、浄土宗と浄土真宗は系が違ったりする。あと、天台系の天台宗や、真言系の真言宗などがある。

 曹洞宗というのは、鎌倉時代の1122年、僧の道元が24歳のときに中国へ留学して4年後に帰国して日本に広めたものだ。禅宗の中でもたぶん一番ストイックな宗派で、ただひたすら座禅を組むことで悟りを開くことを目指す。仏にすがるとかそんな姿勢ではない。厳しさゆえに貴族階級からあまり受け入れられず、地方豪族や民衆に広まっていった。それに対して貴族や幕府は同じ禅系の臨済宗を大事にするようになる。
 本尊はお釈迦様で、大本山は福井県の永平寺と横浜市の總持寺(そうじじ)のふたつある。サンフランシスコやロサンゼルス、ハワイ、ミュンヘンにもお寺があるのはちょっと驚きだ。
 愛知では、愛知学院や愛知中学、愛知高校が曹洞宗の学校だそうだ。って、私、愛知高校受験したぞ。滑り止めとして。まさか自分の受験した学校が仏教の学校だったとは。そんなことも知らずに受験してたのかよ、私。
 有名校では、駒澤大学や東北福祉大学も曹洞宗の学校らしい。

 行基(ぎょうき)のことについても少し。
 この人はなかなか偉いお坊さんだった。偉そうというのからは対極にある偉さとでも言おうか。とにかく頼まれるとイヤだとは言えない性格で(といとうかイヤと言わない意志の強さで)、宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」を地でいくような人だった。
 あちらで病気してる人がいると聞けば飛んでいって祈りつつ彫刻を彫り、家が壊れたと言う人がいれば行って直してやり、川の向こうへ渡りたいといえば橋を造り、たくさんの寺を建て、港を作りという、なんでも屋さんだった。
 大阪生まれで15歳のときに出家して、その後お寺での修行に飽きたらず、37歳のとき山に入って何やら独自の修行で神通力を身につけたらしい。しかし、民間での評判が上がるほどに朝廷から弾圧を受けることになる。民衆の心を惑わすなどのインネンを付けられて。それでもめげなかった行基に最後は朝廷も折れ、82歳まで生きたのだった。
 各地に行基の足跡がたくさん残っている。特に温泉伝説が多い。出身が大阪ということで、関西での人気は今でも高いようだ。近鉄奈良駅には行基の像が建っているとか。

 紅葉に絡んでここのところブログのお寺比率がものすごく高くなっている。寺、花、寺、寺、料理、寺、寺、って寺まるけじゃん! 住職の息子でもこんなに寺のことばかりネタにはしないだろう。どんだけ寺が好きなんだと思うかもしれないけど、実はそうでもないんですよ。それも今日までになりそうだ。紅葉ネタも寺ネタも切れた。
 木曜の夜から東京行きの予定なので、もしかしたらこのブログ始まって以来のお休みとなるかもしれない。ついに皆勤賞が途切れてしまうか。それとも、無理矢理にでも向こうのネットカフェで更新するか。いずれにしても、戻ってきたら東京ネタ確率がはね上がることになる。
 そんなことを言いつつ、東京でも神社仏閣ばかり巡ってしまいそうな自分が怖い。モニターの向こうから一斉に入るツッコミが聞こえてきそうだ。結局、神社仏閣かよ! という。一番楽しみにしてるのは、江戸城だったりするのだけど、江戸城って今でもあるの? という基本的な問いかけを誰にともなく投げかけつつ、ゲッツ・アンド・ターンでフレームアウト(今日久々にテレビでダンディを見た記念)。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

東下り

オオタさん

呼ばれたような気がしないでもないまでもなく出てきましたmagnoliaです。
あれは1863年の大火だったか、本丸は焼失し、再建されないまま明治維新を迎え
今にいたります。ええ、江戸城のことです。
当時を偲べるのは桜田門、田安門、清水門くらい。
昔からの友人が実は清水さんの子孫ということで、曾爺さんが徳川さんとイギリスに
外遊した時の写真を見せてもらいました。世が世なら会えない人だったんでしょう。
今は昔の物語。
イギリスといえばスパイ大作戦を地で行く事件が起こっていますが、私の身の回りも
不穏な動きがありまして、メインのPCにエイリアンが卵を産み付けダメになりました。
江原さんのことを狸が化けてると言ったからでしょうか。今は反省している。
アライグマ。

そうそう、時代劇、大奥などで「ダーン」っと出る江戸城天守閣、あれは姫路城で
ございましてね、エンドロールに、協力、姫路城と出てきます。
あくまで「イメージ江戸城天守閣」。
江戸に行かれるなら江戸の三霊山、伝通院・増上寺・上野の寛永寺、など如何
でしょうか、江戸城からみて鬼門、裏鬼門、江戸を守る意味があったとか。
個人的には伝通院、新撰組の前身、浪士組が結成された場所でもあり、ここに
土方や、近藤、沖田、山南、芹沢鴨、山岡鉄舟などがいたんだなあ、と物思いに
ふけりたいです。いっときますが腐女子じゃないです。
では、道中お気をつけて。

2006-12-07 00:19 | from - | Edit

縁があるところが呼んでくれるはず

★magnoliaさん

 こんにちは。
 呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーンでしたね。
 私もなんとなく呼んだような気がしました。
 出てきてくれてありがとうございます。私がご主人様です。コーヒー牛乳と焼きそばパンを買ってこい。

 江戸城はやっぱりほとんど何も残ってなかったんですね。たぶんそうだろうとは思ってました。
 明治維新の頃の江戸城の古い写真を見ると、それはもう無惨なものですよね。とても将軍家が住んでいたとは思えないほどのボロ城ぶりで。壁ははがれるは、屋根はガタガタだわで。あれを見ただけでも、徳川家はもう駄目だったんだなって分かりますもん。

 それにしても、またmagnoliaさん、思いがけないところで思いがけない人とつながりがあるんですね。
 私はそんな歴史上の人物の子孫とか会ったこともないです。せめて、新右衛門さんの子孫の武蔵と友達になりたい。
 東京に行ったら、有名人を見ることができるかな。

 PCはその後どうですか? 復活の兆しはありますか?
 江原さんいわく、類は友を呼ぶですって。悪い出来事は自分が呼んでいるから人のせいじゃないと。
 でも、私に江戸城のことを教えてくれたので、少しは浄化したに違いない。PCもまた動き出すことでしょう。

 増上寺はちょっと狙ってました。伝通院はノーマークだったなぁ。ここもいいですね。両方行けたら行ってきます。
 東京も歴史の足跡がたくさんあるんですよね。新撰組関連も。
 一日ではとても回りきれないけど、縁があるところがきっと私を呼び寄せてくれるでしょう。
 帰ってきたら、東京神社仏閣シリーズを始めますね。

2006-12-07 05:14 | from オオタ | Edit

素晴らしい景色だなぁ。
行きたかったなぁ・・・
私は紅葉狩りというものに行ったことがありません。
まぁ若かったんでしょうが。

ウチの店の子達にも見せてあげたいなぁ。
せっかく日本に来たのにお店に缶詰で
日本の事が何にもわからないまま帰国するのはもったいない。
特にフィリピンでは紅葉がないですし。
まぁ花より団子の歳ばっかりだから
結局はアミューズメントパークとか行きたがるんだろうけど。

来年はいけるかな。

2006-12-07 16:53 | from ビアンキ

来年はみんなで紅葉を

★ビアンキさん

 こんばんは。
 ビアンキさんはとうとう紅葉行けずに終わりそうですか。
 フィリピンさんたちにも見せてあげたいですね、日本の秋。
 日本人に対しては必ずしもいい印象を持ってないかもしれないけど、日本の四季は素敵ですもんね。
 特に紅葉の風情は世界でも独特のものだろうし。
 来年はきっと行けるといいですね。無理にでも連れだしてあげると、いい思い出になるんじゃないかなぁ。(^^)

2006-12-07 19:39 | from オオタ | Edit

こんばんは。エントリーから日が経ちすぎて書き込みします。
瀬戸には親戚がいて、訪ねたついでに
岩屋堂へ小学生の夏休みに何回か行きました。

今はどうか知りませんが、当時は川で泳げました。
今考えると、石や岩だらけで転んだら危ないんじゃ?と思います。

あそこの薬師堂は目や耳の病気にご利益があるのですか。
実は自分は近視でコンタクトを付けているのですが、一度視力回復を祈願に行こうと思いました。いつになるかわかりませんが。

2007-01-12 01:19 | from しゅう

ちょくちょく岩屋堂

★しゅうさん

 こんにちは。
 古い記事でも歓迎ですので、気になることがあったらいつでも書いてくださいね。(^^)

 岩屋堂へしゅうさんも行ったことがあったんですか。
 うちからは車で45分くらいで、シーズンオフは訪れる人もほとんどいない静かなところなんで、ちょくちょく行きます。
 今でも川の天然プールで泳げるみたいです。私は泳いだことないんですけどね。(^^;
 あそこは夏でも街中より涼しいし、ちょっとした避暑にはいいところです。
 ただ、店とかはすごくさびれています。

 岩屋堂は、目の病気によく効くってことで訪れる人も多いみたいです。
 ただ、近眼に効くかどうかはちょっと分かりません(笑)。
 私もメガネとコンタクト併用なんだけど、今のところよくなる感じはないです。祈りが足りないか!?

2007-01-12 02:27 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/451-985c2494