出しそびれていた道行き風景写真 - 現身日和 【うつせみびより】

出しそびれていた道行き風景写真

庄内川土手夕陽

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4



 なんとなく出しそびれたまま時間が過ぎてしまった道行き写真たち。せっかく撮ったのに眠られておいたのでは何の役にも立たないから、時季外れでも出してしまいたい。
 時間を巻き戻して、季節がまだ冬だった頃。少しずつ春へと向かっている途中。光は弱々しく、風景は枯れ茶色だった。過ぎた時間はもう戻らないけど、写真で振り返ることはできる。写真の中の冬風景は嫌いじゃない。現実的な寒さが嫌いなだけだ。



矢田川河川敷沿いの住宅風景




重機で取り壊し中




製紙会社の倉庫




旧街道沿いに並ぶ飲食店




建物に落ちる冬の木漏れ日




図書館の自転車置き場




上条水防倉庫を西日が照らす




矢田川の土手夕景




夕方の公園ベンチのふたり




矢田川土手夕暮れ風景

 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4489-c65298a1