春日井の伊多波刀神社を訪れる - 現身日和 【うつせみびより】

春日井の伊多波刀神社を訪れる

伊多波刀神社入り口

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4



 ご近所神社めぐりシリーズ。今回は少し遠出をして春日井市へ。市の北西部、上田楽町( かみたらがちょう)にある伊多波刀神社(いたはとじんじゃ)へ出向いていった。小牧空港から見て4キロほど北東に位置している。
 通りから少し入ったところにあって、たどり着くまでに少し迷った。町屋町交差点を北へ進んだところにある鷹来小学校が目印となる。
 参道入り口の南鳥居前から自転車を降りて歩いて向かったら参道がすごく長いので途中で引き返して、奥の二の鳥居まで自転車で行った。ここの参道だけで300メートル近くある。
 参道の両脇には桜の木が植えられている。ここの桜トンネルは春日井市の桜名所のひとつだそうだ。このときは2月下旬で、まだ桜には遠かった。



紋越しに拝殿を見る

 境内の空気がピリッとしている。とても男前な神社だなと思った。すごくいい感じだ。



拝殿




神楽殿から幣殿




狛犬




神楽殿と参拝者

 社伝によると、景行天皇の時代の112年創建とされているようだけど、そこまで古くはないにしても平安時代にはすでにあったことは間違いなく、『延喜式神名帳』に載っている式内社だ。
 主祭神は、高牟神社で祀られることが多いタカミムスビ(高皇産霊尊)とされる。となると、ここらあたりは尾張物部氏の支配地だったということだろうか。
 この伊多波刀神社はその後、八幡社としての性格を濃くしていく。ホムタワケ(誉田別尊/応神天皇)、息長足姫命(神功皇后)、玉依姫命(タマヨリビメ)を祀るようになったのは中世以前だろうか、以降だろうか。
 源頼朝が武運を願って朱印地と甲冑を寄進したり、信長が社領を寄進したりしている。
 平安時代末期に編さんされた尾張国の『国内神名帳』には、板鳩天神とある。板に鳩の絵を描いて奉納したことからそう呼ばれるようになったという説があり、鳩といえば八幡神の使いだ。ということは、早い段階から八幡神信仰があったということになるのかもしれない。室町時代以降は八幡宮とされていたと考えられる。
 神宮寺の常念寺は明治になって廃寺となったようで、名称も伊多波刀神社に戻されて現在に至っている。



奥の本殿

 現在の社殿がいつ再建されたものかはちょっと調べがつかなかった。明治といえば明治のようにも思えるし、昭和といえば昭和かもしれない。門などはかなり古そうだ。



境内社

 参道入り口にある天照大神社、豊受神社の他、津島社、熊野社、秋葉社、白山社、熱田社、愛宕社、多度社、山王社など、全部で14の境内社があるようだ。
 それぞれ、明治以降に近くの神社から集められて合祀された。



大きい灯籠




奉納額




弓の台

 江戸時代に刊行された『尾張名所図会』に流鏑馬のことが出ている。明治になるまで盛んに流鏑馬が行われていたという。
 現在は簡略化されて、武者に扮した前厄の男が射的などを行う他、獅子舞や神輿なども出るそうだ。祭りは、10月に開催されている。



神馬の像

 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

No title

こんにちは

伊多波刀神社を訪ねられたのですね。
この神社は、私の母の叔母にあたる大叔母が住んでいた家のすぐそこにあり、私が小さい頃よく母に連れられて大叔母の家を手入れしに行った際に、毎回通っていた神社です(大叔母は、私が赤ん坊の頃に亡くなったそうです)
連れて行かれていたのは小学校低学年の頃なので、その時の記憶はほとんどありませんが、神社へ続く長い長い参道を歩いていたのはぼんやりと思い出せます。
現在大叔母の家は取り壊されて月極駐車場になってしまったので田楽を訪れる機会はほとんどなくなってしまいましたが、毎年お盆の時期だけ近くのお寺に行くので、毎年ではありませんがたまに寄る事があります。
境内はきちんと手入れされており、古来より周辺の集落から篤い信仰を受けて大切にされてきた神社なのだろうと感じました。
記事に書かれている通り流鏑馬が有名な神社で、母の話によると、50年ほど前までは実際に馬がいたそうです(お祭りの時だけ馬を連れてきていただけかもしれませんが)

2016-08-29 13:47 | from 名東の神社好き | Edit

伊多波刀神社

>名東の神社好きさん

 こんにちは。
 コメントいただきありがとうございます。
 伊多波刀神社、いい神社ですね。境内の空気もきりっとしてるし、社殿も格好良くて、神社はこうでなくちゃいけないと思わせてくれます。
 小さい頃から行っていたとなると、思い入れも強いものがあるでしょうね。
 私も田舎の神社は今でもずっと心に刻まれてます。
 神社と馬はもともと縁があるものだったのに、今では馬のいる神社も少なくなりましたね。
 思いつくところでは、伊勢の神宮とか、多度大社とかくらいでしょうか。
 流鏑馬は、富士浅間神社で一度だけ見たことがあります。写真に撮るのは難しかったです。

2016-08-29 23:17 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4483-afbc9533