東山植物園便り ---緑に染まる - 現身日和 【うつせみびより】

東山植物園便り ---緑に染まる

緑のトンネル

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO



 先週、リスを撮った日、植物園もぐるっと歩いてきた。今年は植物園行きが飛びとびになっているから、行くと前回からがらりと様子が変わっていて、少し戸惑う。モミジのトンネルはすっかり緑色に染まり、気の早いギンヤンマが飛び始めていた。春の花はもう、どこにも残っていなかった。
 季節は進んで初夏へ。新緑の季節というのは梅雨入りまでだそうだから、もうひと月も残っていない。緑はこれから少しずつ深まっていく。それがちょっとだけ寂しいような気持ちもするのだった。いずれにしても春は終わった。沖縄では梅雨入りしたらしい。
 新緑は確かに美しい。でも、桜への未練が勝る。いっそのこと早く夏が来て欲しいとも思う。5月はなんとなくどっちつかずの中途半端な感じがする。森林の下を歩くには一番いい季節だとしても、撮るものは案外少なくて物足りない。カキツバタを撮って、バラを撮ったら、さて次は何を撮ろうかと途方に暮れてしまうようなところがある。
 この日、植物園を訪れている人は多かった。天気もよくて暑すぎなかったから、陽気に誘われてということだっただろうか。私としてはひとけのない寂しい植物園が好きなのだけど、賑やかなのもそれはそれで悪くない。
 そんな5月半ばの植物園風景をお届けします。



バラのある風景





ゴールドバニー




一部赤のモミジ葉




滝と緑の葉




緑に染まる苔と木漏れ日




エゴノキの白い花




シャガの花




レンゲとテントウムシ




ギンヤンマ飛翔




シロツメクサの花と光と影

 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4481-6c8047ee