守山区の吉根八幡神社へ - 現身日和 【うつせみびより】

守山区の吉根八幡神社へ

吉根八幡神社外観

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4



 ご近所神社めぐりシリーズ。今回は守山区吉根(きっこ)にある八幡神社を訪れた。
 通りから少し入った住宅地の高台にあるのは、何度か遷座しているせいもある。
 創建年は不明ながら中世以前からあったという話もある。もともとは八幡ヶ嶺という山の上にあったそうだ。八幡ヶ嶺は現在イオンがあるあたりにあった山で、現在は崩されてしまって跡形もない。
 中世に入って山の上は参拝するのに不便だということで山沖(500メートルほど西)に移されるも、たびたび庄内川の氾濫で被害にあったことから、江戸時代前期の1655年に現在地に再度移されてきた。
 山沖の地にあった本宮の石碑は、土地整備のため、現在の本殿裏手に移築されている。
 とまあ、そんな歴史は帰ってきてから知ったことで、出向いたときはほとんど何の予備知識もなかった。神社は先入観なしにふらっと行く方がいいのかもしれない。この神社好きだなと思ったなら、その感覚が大切だ。歴史の長さや由緒などに惑わされてはいけない。




拝殿と本殿

 社殿はコンクリート製で新しい。
 八幡社ということで祭神は当然ながら誉田別尊(ホンダワケ)になる。
 境内社として、一之御前社、内津社、富士浅間社、奥山社、護国社、御嶽社がある。




手水舎の龍





拝殿前





社殿の光と影





古い石碑





新しい狛犬





御嶽社





護国社





拝殿と西日





境内の様子

 参道は桜のトンネルになっている。桜咲く季節に訪れたらまた違った風景が見られるだろう。
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4418-63bd45c0