写真ノート<6> ---撮りたいものは何ですか? - 現身日和 【うつせみびより】

写真ノート<6> ---撮りたいものは何ですか?

子供の靴下

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4



  写真が上手くなりたいけどどう撮ったらいいか分からないという人に共通しているのは、どう撮ったらのかが分からないのではなく何を撮ったらいいのかが分かっていないということだ。
 言葉を換えれば、何が撮りたいのか自分が分かっていれば、写真が上達したいなどということは二の次になる。
 それが自己満足の域を出ないとしても、撮りたいものを撮りたいように撮っていれば楽しいし、満足できる。
 下手でもなんでも、撮りたいものが最初から明確な人には強みがある。
 更に言い換えるなら、上達したければ何が撮りたいのかを見つけることが先決ということになる。

 自分が本当に撮りたいものは何なのか?
 写真というのは結局のところ、その問いに始まり、その問いに尽きると言えるのかもしれない。

 たとえば世の中にはどんな被写体があるのか。
 人間なら、ポートレートだったりドキュメンタリーだったり。
 鉄道や飛行機、車などの乗り物系。
 自然風景。
 都市風景。
 季節の彩り。
 花や虫、動物など、花鳥風月。
 街角スナップ。
 山とか空とか海とか。
 子供や家族やペット。
 旅の光景や外国の風景。
 夜景。
 スポーツ。
 神社仏閣。
 建造物。
 雑貨や料理などのテーブルフォト。
 祭りなどのイベント。
 抽象的な作品だったり、星や宇宙だったり。
 
 アマチュアのいいところは、被写体に縛られないところだ。決められたものしか撮ってはいけないということはない。自分が撮りたいものなら何を撮ってもいいし、どんな撮り方をしても自由だ。
 けど、それが逆に写真を難しくしているところがある。
 たとえば鉄道写真家なら撮る対象は鉄道に限られるから、何をどう撮ればいいか分かりやすいし、いい写真とはどういうものかをイメージしやすい。
 他のものを撮れない不自由さは感じても、向かうべき目標がはっきりしている分、迷いが少ない。
 アマチュアは、広大な可能性の前にたたずんで途方に暮れてしまいがちだ。

 ひとつの解決方法として、軸足を置く位置を決めるのがいいんじゃないかと思う。
 自分が一番撮りたいものは何なのかと自問自答して、とりあえずでもいいから答えを出してみる。そうして、軸足を動かさないでいる。
 軸さえ決まれば、自分の写真の核ができる。
 核は中心点と言い換えてもいい。中心を意識することで撮影姿勢がブレにくくなる。
 私の場合は、3、4年前から道ばた写真に軸足を決めている。いろいろなものを撮っているけど、気持ちの中心点は動いていない。
 
 撮る対象で決めるというだけでなく、ひとつのルールで決めてもいい。夕焼け時間に撮るとか、逆光だけで撮るとか、ホームグラウンドを決めるとか、それぞれのやり方でいい。
 まずはその部分を徹底的に追求してみることで、写真に深みも出てくるだろうし、結果的に広がりも生まれてくる。
 軸足さえ決まれば、もう一方の足はどこへ踏み出してもいい。そこは縛りから解放されて自由に撮ればいい。
 分からなくなったり、迷ったりしたときに、戻っていくべきホームポジションがあると心強い。

 写真において上手いということは、それほど本質的なことではないような気がしている。
 下手よりも上手い方がいいには違いないだろうけど、上手さ自体は求めるべきものではない。いい写真というのはその先にあるものだからだ。
 一番大切にすべきことは、撮り手である自分と、撮られ手である被写体との関係性だ。
 そのあたりのことについては、項を改めていずれ書きたいと思う。

 キミは何を撮っているの?
 と誰かに訊かれたとき---たとえば自分があこがれている写真家とか---、私は何々を撮っていますと、迷わず即答できるようになりたい。
 その答えの中にこそ、自分が写真に求めていることの意味や意義がひそんでいる。
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

No title

>どう撮ったらのかが分からないのではなく何を撮ったらいいのかが分かっていないということだ。

自分です。
もともとバイクでツーリングでの風景を写真に撮るうちに興味を持ち始めて‥‥という流れだったので、風景写真が撮りたいのはわかるのですが、よくよく考えると風景写真ってのは窓口が広くて、結局絞り込めてないんですよね。

>撮る対象で決めるというだけでなく、ひとつのルールで決めてもいい。夕焼け時間に撮るとか、逆光だけで撮るとか、ホームグラウンドを決めるとか、それぞれのやり方でいい。

これやってみようと思います。

2016-02-07 21:28 | from keiichi_w

車載とか

>keiichi_wさん

 こんにちは。
 写真を始めたはいいけど、何を撮ればいいのやらってのは、多くの人が感じていることでしょうね。
 昔のフィルム時代って、写真を撮るのは家族のアルバムのためとか、旅行先での思い出とかが多かったわけで、そういう点はそんなことは思いもしなかったのだけど。

 バイクの車載カメラで撮るのはやったことありますか?
 ツーリングをしながら写真を撮るなら、車載って面白そうだと思うんですよね。それって、バイクに乗ってる人しか撮れない写真になるわけだし。
 桜トンネルの中を疾走する感じとか、海辺とか山とか、夜の都会とか、想像するとわくわくするものがあります。
 私もたまに自転車に乗りながら撮ったりしてますよ。

2016-02-08 21:38 | from オオタ | Edit

No title

>バイクの車載カメラで撮るのはやったことありますか?

動画ならSONYのアクションカムで撮ったことがありますが、静止画はないです。動画の方でもまだ試行錯誤中で、静止画も撮りたいのですがなかなか難しいです。

2016-02-13 18:45 | from keiichi_w

疾走感

>keiichi_wさん

 こんにちは。
 バイクの車載で撮る疾走感のある一枚絵というのも、シリーズにできそうな気がします。
 ただ、問題は撮影方法ですよね。
 大きなデジイチをくくりつけておくのも危険そうだし。
 ミラーレスを固定して、リモコンをハンドル近くに留めて撮影とかってできないかなぁ。

2016-02-14 20:16 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4379-7f04d4ff