東山植物園便り ---新年一回目<1> - 現身日和 【うつせみびより】

東山植物園便り ---新年一回目<1>

冬の新芽

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO



 2016年最初の東山植物園行き。
 去年の暮れに訪れてから2週間以上経っていたから、季節がけっこう進んでいた。早春の花も少しずつ咲きだして、茶色一色だった園内も色を取り戻しつつある。
 これから3月、4月くらいまでは冬と春の混在風景が続く。茶色が新緑に打ち消されるのは5月に入ってからだ。
 まだしばらくの間は冬景色だから、冬を撮っておきたい。冬には冬の喜びや楽しみがある。
 そんな1月前半の東山植物園便りをお届けします。




赤残りのモミジの葉





フクジュソウの蕾





枯れ花の冬姿





タンポポの綿毛の旅立ち





椿の花





水没するモミジの枯れ葉





マンサクの一種咲き始め





南天の葉





ソシンロウバイの花





スイセンの風景

 つづく。
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4360-6797c4a8