モノクロ道行き風景 - 現身日和 【うつせみびより】

モノクロ道行き風景

電線と街の鳥

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4



 カラーで埋もれている在庫写真をモノクロで救い出す。
 カラーでは面白くない写真がモノクロで生き返ることがある。それは撮った本人ならではの主観的な問題かもしれないけど、確かにそういうことがある。
 もちろん、逆もある。カラーで魅力的な写真がモノクロで魅力を失ってしまうことの方が多い。
 カラーの魅力は色で、モノクロは影だ。光はどちらも重要だから決め手にはならない。
 最初からモノクロで撮ると決めているときは、何よりもまず影を見なければならない。いい影を見つければいいモノクロ写真は撮れたも同然だ。
 今日はモノクロ道行き風景をお送りします。




冬の田んぼ風景





坂の街





古い講堂





茂みのノラたち





街中の小さな神社





雲と東山スカイタワー





冬枯れの木





半田赤レンガ





枯れススキと西日





住宅と月

 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4350-b9cb021e