ミッドランドスクエアから撮る名古屋の夜景 - 現身日和 【うつせみびより】

ミッドランドスクエアから撮る名古屋の夜景

名古屋駅ロータリー

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm



 夕方のテレビ塔で撮ったあと、いったん名古屋駅に場所を移した。
 この日のもう一つの目的地は、名古屋駅前にあるミッドランドスクエアの展望室だった。
 ミッドランドスクエアも久々だった。こちらは2007年の暮れ以来ということになる。
 あの頃は名古屋駅前もタワーズライツというイルミネーション・イベントをやっていて、華やいだ雰囲気に包まれていた。タワーズライツが終わって以来、クリスマスシーズンの駅前はつまらなくなった。
 今は駅前の建築ラッシュもあるし、リニア新幹線駅開業に向けた工事もそのうち始まるだろうから、向こう10年くらいは駅前のイルミネーションも復活しそうにない。せめてプロムナードくらいは何かできそうな気もするのだけど。




ミッドランドスクエアより

 ミッドランドスクエアの展望台は三脚使用可となっているので、夜景撮りもできる。
 ただし、外側のガラスと内側のガラスだか強化プラスチックだかのつい立の二重構想になっているため、映り込み対策用の暗幕をもってしても室内灯の反射をふせぎきれない。枠と枠の間も狭く、35mm以下の広角ではどうにも撮りようがない。使えるのは50mm以降に限られる。
 そして相変わらず寒い。200メートル以上ある展望室がどうして吹き抜けになっているのか、意味が分からない。




ミストにけぶる街並み

 30分に一度、ミストが噴き出てくる。そうなると目の前が真っ白に。撮影者にとっては、いらん演出だ。
 ここの設計者は、展望室を撮影ポイントとは考えていなかったらしい。設計段階の2000年代前半では、その後のデジカメ・スマホの普及を読めなかったということか。
 せっかく名古屋で最高の夜景撮影スポットになり得たのになり損ねてしまった残念な展望台。それがミッドランドスクエアだ。




地上を見下ろす





光の川





テレビ塔方面





光の名古屋城





クリスマスツリー





ツインタワーと半月

 このあと再びテレビ塔エリアに戻った。
 つづく。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/4331-7dcba4bc