川上貞奴邸再訪 <1> - 現身日和 【うつせみびより】

川上貞奴邸再訪 <1>

川上貞奴-1

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm



 久々に川上貞奴邸を訪れた。たぶん10年ぶりくらいだ。
 年数が経った割には古びた様子もなく、記憶の中の印象とも違っていなかった。
 日本初の近代女優といわれる川上貞奴が、福沢諭吉の娘婿、桃介と住むため、大正9年頃に建てた家だ。場所を現在の地に移して平成17年(2005年)から一般公開されている。初めて訪れたのがその年だったと思う。
 2回か、3回シリーズでお送りします。




川上貞奴-2





川上貞奴-3





川上貞奴-4





川上貞奴-5





川上貞奴-6





川上貞奴-7





川上貞奴-8





川上貞奴-9





川上貞奴-10





川上貞奴-11





川上貞奴-12





川上貞奴-13

 つづく。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

川上貞奴邸
はじめてしりました~
ステンドグラスもきれい~^^
先日徳川園にいったときよればよかったなぁ~
またそのうちそのうち
行ってみたいとおもいます

2015-01-30 14:17 | from nonno  | Edit

東区のおすすめあれこれ

>nonnoさん

 こんにちは。
 川上貞奴邸、まだならおすすめします。
 徳川園まで来たらもうすぐです。
 少し離れたところにある橦木館もいいですよ。
 時間があればセットで。
 ステンドグラスつながりでいえば、東区まで来たなら、布池協会も一見の価値ありです。

2015-01-30 23:10 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3940-b49159ad