鍋屋上野浄水場の一般公開に行く - 現身日和 【うつせみびより】

鍋屋上野浄水場の一般公開に行く

鍋屋上野-1

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm



 鍋屋上野浄水場も、名古屋の上下水道100周年を記念して、9月6日(土)、7日(日)に一般公開される。
 鍋屋上野浄水場はしょっちゅう前を通るのだけど、中に入るのは小学校の時の社会見学以来だ。あの当時、何を見て何を感じたのかはまったく覚えていない。とにかく連れていかれたことだけは覚えている。
 ここも2年ほど大がかりな工事が行われていて、一般公開は久しぶりかもしれない。毎年、6月の水フェスタのイベントで公開されているそうだ。
 名古屋市内に上下水道が作られたとき、最初に建造された浄水場だ。着工が明治43年(1910年)で、完成したのは大正3年(1914年)だった。
 名古屋は犬山の木曽川から水を引いてきて、ここで処理したあと、東山配水場や猪高配水場などを経由して市内へ水を供給している。
 名古屋の水道水が美味しいのは、木曽川の水だからだ。断水や節水などということにも無縁でいられる。




鍋屋上野-2

 旧第一ポンプ所も公開されていた。
 現在はもう使われていないもので、中がピカピカなのは、耐震工事にあわせて改修したからだ。
 名古屋市指定有形文化財になっている。




鍋屋上野-3





鍋屋上野-4





鍋屋上野-5





鍋屋上野-6





鍋屋上野-7





鍋屋上野-8





鍋屋上野-9





鍋屋上野-10





鍋屋上野-11

 鍋屋上野浄水場の少し南に、新しくできた水の歴史資料館がある。
 こちらは定休日の月曜日以外はいつでも入れるようだ。
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

こういうのって、所謂、工業遺産と呼ばれるものになるのでしょうか?
近代建築物は大好きです。

2014-09-07 20:56 | from 名無し

産業遺産



 こんにちは。
 これも産業遺産のひとつと言えそうですね。
 石見銀山や富岡製糸場が世界遺産になったけど、産業遺産が一般に認識されるようになったのはここ10年くらいですよね。
 工場夜景とか、軍艦島とかも、知る人ぞ知るといった程度だったし。
 私たちにとって明治の建物が美しく思えるのはどうしてなんでしょうね。
 50年後とか、平成初期の建物はどんなふうに映るんだろう。

2014-09-07 23:14 | from オオタ(マサユキ) | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3763-a3a1aa06