駆け回るリスを撮るつもりが撮れたのは食事中だけ 2006年9月15日(金) - 現身日和 【うつせみびより】

駆け回るリスを撮るつもりが撮れたのは食事中だけ 2006年9月15日(金)

東山のニホンリス

OLYMPUS E-1+Super Takumar 200mm(f4), f4.0, 1/50s(絞り優先)



 ふいにリスが見たくなった。ふとしたはずみにラーメンが食べたくなるみたいに。リスを見なければ気になって夜も寝られなくなってしまいそうだったので(そんな大げさな)、東山動物園へ行ってきた。それは、「小鳥とリスの森」の中にいた。入っていってすぐに足もとをピャーと駆け抜けていったので、ネズ公か!? と思ったらリスだった。まさか、放し飼いだと思ってなかったので驚く。わっ、頭の上を何か鳥が猛スピードで飛んでいった! よく見るとヤマガラだ。ヤマガラさんまでこんなところに? 藪の中でがさごそ音がするので見てみると、何やら見慣れない鳩のようなやつがいる。コジュケイ? 水たまりの中にはオシドリがいて暴れている。なんだかちょっとしたジャングルに踏み込んでしまったみたいだ。
 小屋の中は200坪くらいだろうか。高さは15メートルくらいで、金網に囲われている。動物を外から観察するのではなく、人間がお邪魔するスタイルだ。これはいい。その中でリスをはじめ、小鳥やら中鳥やらが放し飼いになっていて、すぐそばで観察したりエサをあげたりできるようになっている。木々が植えられ、エサ台もたくさん用意されていて、リスたちにとってはなかなか住み心地がよさそうだ。
 どれどれ、早速リスの野郎を激写してやろうか、と思いきや、ややや! 速いなっ……とシャアのようにつぶやく私。リスの速さときたら、ネズ公の速さを凌駕するほどで、不慣れなデジタル一眼とマニュアルレンズではちょっとやそっとのことではとてもじゃなけど撮れそうな気がしない。小屋の中は薄暗いのでシャッタースピードも上がらない。飛び跳ねてるリスの生き生きした様子を写す予定は、撮影開始3分で大きな方向転換を余儀なくされたのであった。跳ねてる瞬間の空中に浮かんでいるところを撮りたかった。
 基本的にここのリスは人に慣れていない。というか、勝手気ままに人間を無視して行動していると言った方がいいかもしれない。人の足もとをすり抜け、木に駆け上がり、木から木へと渡り、金網を登って屋根の向こうに消えたり、神出鬼没。ここで動いてるリスを撮れる人はよっぽど上手いか運がいい人かのどちらかだろう。エサをあげると近づいてはくるものの、触ることはできず、手乗りなど夢のまた夢といった感じだった。
 狙いを食事中のリスに切り替えることにした。そのときばかりはやつらも油断して動きを止めるので撮ることができる。後ろからこっそり近づいて、遠くから撮ったのがこの写真だ。何食べてんだ? もしかしてトマト? リスってトマトなんか食べるのかな。雑食だから、こんなものも気まぐれに食べたりするのかもしれない。それともリンゴか?
 なんとか一枚は撮れて気が済んだ。これで一枚も撮れずに終わったら、ラーメンを食べようと思ったら買い置きが切れていて、買いに行くのも面倒で次の日まで待とうかやっぱり買いに行こうか迷いながら寝付かれない夜、みたいになっていたところだ。それでも、空中のリスはいつか撮りたい。

 世界には250種類以上のリスがいる。木の上で過ごすリスと、地面で暮らすリスに大きく分けられ、樹上性のものが木の実やキノコを食べるのに対して、地リスは草などを食べる。樹上性は主に南アジアで、地リスは北アメリカを中心に生息している。プレーリードッグなどがそうだ。オーストラリアにはリスがいないというのはちょっと意外だった。
 日本にいるリスとしては、北海道のエゾリスとエゾシマリス、本州、四国、九州にいるニホンリス(ホンドリス)が主だったところだ。写真の東山にいたやつはニホンリスで、シマリスも飼育室の中にいた(混血にならないように)。中国地方や九州では近年、ニホンリスが激減してるようで、九州では絶滅したのではないかとも言われている。ニホンリスは日本の固有種だ。
 最近ではペットとして入ってきたタイワンリスやチョウセンシマリスが逃げ出したり野生化して数を増やしているという。
 それから、モモンガとムササビもリスの仲間なんだそうだ。あいつら飛んでるじゃないかと思いきや、あれは滑空してるだけで飛んでないし基本構造はリスなんだそうだ。なんとなく納得できないけど。

 ニホンリスの大きさは、20センチ前後。走ってる姿を見ると小柄な印象を受けるけど、至近距離で見ると意外と大きい。しっぽがふさふさで15センチくらいある。体重は250グラム前後くらい。
 昼行性で、夜は寝てる。昼は基本的に単独で走り回ったりエサを食べたり、食べ物を隠したりして過ごす。エサを隠すのは冬場を乗り切るためだ。エサがなくなる冬のために貯蓄しておかなくてはいけない。頬の内側にエサを詰め込む頬袋を持っていて、ここにエサを詰め込んで頬がふくらんでいるリスはかわいい。昔の宍戸錠みたい。
 寒いところにいるやつも冬眠はしない(地リスは冬眠する)。だから、エサを隠しておくのは本能というよりもっと強い強迫観念みたいなものかもしれない。ペットとして飼われているリスでも一生この習性から逃れることはできない(よく知らないけどたぶん)。
 夏と冬では衣装が違う。衣替えするのだ。夏場は写真のように赤茶色をしていて、冬場は灰色になって、耳にも毛がふさふさになる。
 エサは、ヒマワリの種やクルミ、ドングリなどが中心で、もらえるのなら果物類なども食べる。鳥のエサだって横取りしてしまう。日本で固いオニグルミを割って食べられる生き物は、このニホンリスとアカネズミだけだと言われている。そんなことはない、オレだってできるぞといって挑戦して前歯を折っても私は知りません。
 小枝や樹皮などを集めて小鳥のように樹上に巣を作り、年に一、二度、一回に数匹の子供を産む。ネズミのようにやたら増えたりはしない。
 個人的な好みとしては、ニホンリスよりもシマリスが好きだ。あっちの方がかわいく見えるから。でも、ニホンリスもこれはこれで悪くない。動物園やリス園などで機会があったらぜひ見てみてください。そして、走り回っているリス撮りにもチャレンジして欲しい。難しくて翻弄されるけど面白いですよ。まだまだ日本各地で野生のニホンリスもいるというから、今度はぜひ自然の中で出会いたいと思う。そのとき撮れたら感激もずっと大きいだろう。

 ところでこのブログ、今日で一周年を迎えたのでした。特にイベントもなく、さりげなく過ぎてしまったけど、一年間一日も休まずに書き続けた自分に驚く。どんだけ暇なんだ! と一応自ら突っ込んでおこう。
 まだまだ全然終わる予定はないので、当分続きます。そんなわけで、今後とも暇を見つけて遊びに来てくださいね。私はいつでもここにいますから。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

オオタさん、こんにちは!
ブログ一周年、おめでとうございます!
この夏は、うちも含めて、あちこちでブログ一周年記念が行われていましたね。(笑)
我らブログ団塊世代、若い者には負けていられない!?

空中のリスは、やっぱりC-AF&連写ということになるんでしょうね~。
MF&単写では、連射のできないビームライフルでジオングの首を打ち抜くようなもの?
ニュータイプ目指して頑張ってくださいね~!

2006-09-16 05:30 | from K-Hyodo | Edit

いや、うまいなぁ~~

おいらなんか、写暦だけは長いけど、全然腕はオオタさんにかないません

MFで動き物は難しいですよね
レースなんかだと置きピンとかできるけど、生き物はムリポ・・・・

2006-09-16 10:23 | from ただとき

オオタさん

一周年おめでとうございます。
東山に行かれたのですね。家の近くを通られたかもしれないので
次回は通りすがりに手当たりしだいピンポンダッシュしていってください。
早朝なら玄関先の牛乳など頂きながら。
ああ、なんて健康的なんでしょ。
犬の散歩で鉢合わせしても通報などいたしません(多分)

平日の東山、農業センター、愛知牧場というコースも健康的ですね
紅葉が始まりましたら足助まで足を伸ばすのも良いですね。
これからも風味絶佳なブログ楽しみにしております。

2006-09-16 13:41 | from magnolia | Edit

去年はブログラッシュだった?

★K-Hyodoさん

 こんにちは。
 K-Hyodoさんは、ひとあし先に一周年でしたね。
 お互い、よかった、よかった。(^^)
 この夏はベビーラッシュならぬ一周年記念ラッシュだったんですか(笑)。
 ちょうど、当時はやっとブログってのが一般的に知られるようになってきて、それじゃあ自分も始めてみようかって思った人が多かったときだったのかもしれないですね。
 まさに、ブログ団塊の世代(笑)。
 これからも続く限り撮って書いていこうと思ってます。ネタが尽きるまで。

 K-HyodoさんはコンティニュアスAFって使ってます?
 あれって、飼い犬と列車を撮る人用の機能と思っていて、私使ったことないですよ。って、すごい偏見。(^^;
 リスの速さには追いつけないと思うけど、マニュアルよりは確率高そうですね。
 まだ使ったことがないから、どんなものか今度一度使ってみます。
 けど、そんな軟弱なオート機能を使っているようではニュータイプにはなれませんね(笑)。

2006-09-17 03:47 | from オオタ | Edit

置きピン+流し撮り

★ただときさん

 写真はどうなんでしょうね。
 まだまだ偶然の要素が大きくて、本当には狙って撮れてなかったりします。(^^;
 毎日のように撮ってるから、少しずつでも上手くなっていかないと困るんだけど。
 基本的に楽しく撮れてるからそれが一番かなとも思ってます。
 しかしこのリスは、偶然ながらいい感じで撮れました(笑)。

 マニュアル望遠レンズで動きの速い生き物はとっても難しいです。(^^;
 動きの予測がつかないから。
 それに私、今ひとつ根気がないんで、ひとつのものをじっと狙えないのです。はは。
 置きピンでも根気よく待てばそのうち撮れるんだろうけど、それがなかなか。
 ただ、あそこでリスを撮る場合、暗くて被写体ブレするから、置きピンでなおかつ流し撮りのテクニックが必要になります(笑)。
 難しいー。(>_<)

2006-09-17 03:52 | from オオタ | Edit

そんなご近所さんだったとは

★magnoliaさん

 magnoliaさんちって、東山近辺だったんですか。って、うちとかなりご近所さんなんですね。こりゃあ、あのへんうろついてると、いつか見つかりそうだな(笑)。
 牛乳は好物なんで、ぜひいただきたいです。牛乳に黒豆ココアを混ぜて飲んでる男がいたら、それはきっと私です。
 でも、逆にmagnoliaさんの手がかりがまったくないんで、私から見つけることができないのが残念です。

 農業センターは、毎年しだれ梅のときに行くんだけど、あのときだけは大賑わいなんですよね。駐車場も有料になってしまって。
 季節はずれもけっこう見どころがあって楽しそう。
 私はちょっと離れた荒池周辺をけっこううろついてるんですよ。

 愛知牧場は、この前ヒマワリのとき行ったなぁ。
 少し前はキバナコスモスの迷路になってたようだけど、次は普通のコスモスかな。
 東山は次は植物園に行きたいと思ってます。あそこも広くて全部回るのはけっこう大変。

 ブログは今スタイルが決まって安定期に入ってるけど、今後はどうなっていくんだろう。自分としては、だんだん長くなっていってるのが気になるところです。初期はコンパクトにまとまっていて書くのも楽だったなぁ。

2006-09-17 04:00 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/370-d764f5f4