旅するウスバキトンボは今年もまた、ひたすら北を目指す 2006年9月7日(木) - 現身日和 【うつせみびより】

旅するウスバキトンボは今年もまた、ひたすら北を目指す 2006年9月7日(木)

意外と知らないウスバキトンボ

PENTAX SP+Super Takumar 55mm(f1.8)+Kodak ULTRA COLOR 400UC



 日本にアカトンボという名前のトンボはいない。アカトンボと呼ばれているのは、たいていアキアカネかナツアカネだ。そんなの常識じゃん、と思ったあなたはすでにトンボの人となっていて一般人から逸脱しているので多少の自覚が必要だ。更に、この写真を見て瞬時にアカトンボではなくウスバキトンボと答えてしまった人は、腰のあたりまでトンボ池に浸かり込んでしまっていると言えるだろう。もう、あの頃には戻れない。赤いトンボを見て無邪気に赤とんぼだ、と言っていたあの頃には。
 それにしても、どうしてウスバキトンボ(薄翅黄蜻蛉)はこんなに知られていないのだろう。日本全国のどの場所にもいるありふれたトンボなのに、不自然なほど一般的な知名度が低い。夕焼け小焼けの赤とんぼ~♪というのも、あれは実はウスバキトンボなんじゃないのか。夕暮れどきに田んぼの上などで夕陽を浴びながらキラキラと飛んでいるやつは、赤とんぼじゃなくてたいていウスバキトンボだ。
 アキアカネの未成熟のやつよりも赤みは弱く、黄色に近いオレンジ色をしてるのが特徴だ。オスもメスもそっくりなので見分けるのは難しい。常に飛び回っていてなかなかとまらないので、とまっている姿を見かけることは少ないかもしれない。とまっているところを見れば、前翅、後翅両方の先っぽに黄色っぽい点(斑紋)があるのが見つかる。これもアキアカネと見分けるポイントのひとつだ(アキアカネは黒っぽい)。
 とまっているといえば、アキアカネたちが水平にとまるのに対して、写真のように必ずぶらさがってとまるところにも違いがある。大きさもウスバキトンボの方が1センチくらい大きいので、パッと見でもやや大きい印象を受ける。飛び方もなんとなくフラフラと頼りないような感じだから、トンボ観察を続けていると飛んでいる姿で見分けられるようになってくる。

 ここまで読んで、自分は別に赤とんぼの区別なんてつけたくないぞ、とあなたは思ったかもしれない。けど、そんな人にはこのトンボのことを好きになるであろう話をぜひしたい。ならないかもしれないけどそれでもしたい。私は訊かれてもいないことを教えたがる教えたがり屋さんだから。
 ウスバキトンボがどんなトンボかといえば、旅するトンボという言葉がぴったりだと思う。それも死出の旅だ。
 世界中の熱帯、温帯地域にすむウスバキトンボたちは、年が明け春が近づいてくると、あるものは南へ、あるものは北へと旅に出る。集団で海を越え、遠くを目指し。
 春3月、日本へとやってきたウスバキトンボの一団はまず鹿児島に上陸する。しかし、海を渡ってきたダメージは深く、翅はボロボロになり力尽きる寸前となっているので、その前に急いで産卵をする。力が余ったものは九州を北上し、別のものは四国へと渡る。それぞれがそこで産卵して命果てる。
 それからひと月半後、またたく間に成長してヤゴからトンボの成虫になったものが北へと旅を続ける。親の意志を引き継いで。関西には5月、中部には6月、関東には7月くらいに辿りつき、それらはすでに第二世代を超えて第三世代になっていることもある。成虫になっても命はひと月なので、その時間旅をして力尽きる先で産卵して、そこで育ったやつがまた旅を続ける。ただひたすら北へ向けて。
 その意志の源が何なのかは分からない。本能なのか生き残るための知恵なのか、突き動かされる強い力が何かあるのかどうなのか。すべてのウスバキトンボが旅を続けるわけではない。中には生まれた地に居残るものもいる。全員で移動していくわけではないところに、種全体としての意志というか戦略めいたものを感じないでもない。
 夏が終わり、秋が始まる9月、ついに彼らは津軽海峡を越えて北海道の南へと上陸を果たす。世代を超えた長いながい旅の終わりが近づく。
 10月、最北の地に辿り着いたを彼らを待っているのは、死だ。寒さに極端に弱いウスバキトンボは、北の大地で季節を越えることを許されない。成虫も、卵も、かえったヤゴも、ことごとく寒さに負けて死んでゆく。最後の一匹までも。
 次の年の春、南の島であらたに生まれたウスバキトンボは、またも北への旅に出る。自分たちを待っている運命を知ってか知らずか、大昔からずっと繰り返されてきて、これからもきっと続いていくに違いない。
 彼らが何をどうしたいのかを知っている人間はいない。学者たちはそれらしい理屈を説明しようと試みているけど、成功してるとは言えない。センチメンタルな想像をするなら、彼らはカムチャツカ半島にたどり着くことを夢見ているのかもしれない。その向こうのまだ見ぬ大地のことを。あるいは、地球温暖化によって彼らの願いが叶う日が来ることになるだろうか。だとすれば、温暖化も必ずしも悪いことばかりではないなと思ったりもする。

 8月、野山でも郊外でも街中でもたくさん飛んでいるトンボたち。シオカラトンボにオニヤンマ、赤とんぼにイトトンボ。その中には、こんなドラマを持ったウスバキトンボたちもいるのことを少しだけ覚えていて欲しい。北の果てに向かう旅の途中、受け継いだ命と意志を次へつなごうと精一杯生きている彼らのことを。
 秋のはじめにこいつを見かけた北海道の人は、旅の疲れをねぎらって、優しく受け入れてやってください。よくぞ南の島から半年以上もかけてここまでたどり着いた、と。
 旅行というのは行って帰ってくることで、旅というのは行って戻らないことだとするならば、ウスバキトンボはまさに旅するトンボだ。旅に生き、旅に死すことは、必ずしも不幸なことではないと私は思う。他のトンボたちよりも多くの風景を見ることができるのだから。
 9月になり、そろそろまた彼らの旅の終わりが近づいてきた。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

はじめまして。古いエントリーにコメント失礼します。
ご訪問履歴からこちらに伺いました。中国台湾現採後記のQing Zuiと申します。
ちょうどK100Dを買ったばかりで、いろいろ被写体を求めていたところ、つい最近トンボを撮影したのです。そのトンボの種類を調べようとネットで探してみましたが、やはり難しいようで諦めました。
それとは別にこちらのブログを拝見していましたら、赤とんぼに関する記述が詳しくて目からウロコでした。
実は私の撮影したのも胴体が赤く、素人目だとそれだけで赤とんぼとなってしまいますが、こちらを読んでいるとまた違うかなと思いました。
それはともかく、こちらのブログは写真の美しさもさることながら、記事の記述が詳しくて読み物として大変面白いです。
これからも訪問させていただきます。長文失礼しました。

2007-08-23 15:31 | from Qing Zui

大陸にはどんな生き物がいるんだろう

★Qing Zuiさん

 はじめまして、こんにちは。
 ようこそいらっしゃいませ。(^^)

 私の方が先にお邪魔したのでしたね。
 どこから飛んだのだったか。(^^;

 古い記事のコメントありがとうございます。
 書いたそばから忘れてるので、自分でも読み返して新鮮だったりするので(笑)。
 今年はトンボもほとんど見てないし、撮ってないから、勉強が進んでません。
 昆虫も見分けるのが難しいですよね。
 Qing Zuiさんは中国でいろいろご覧になってるんでしょうね。あっちは同じアジアでも大陸だから、日本では見たこともないものがたくさんいるんだろうなぁ。

 またいつでも遊びに来てください。
 気になったものがあれば、古いものでもコメント歓迎しますので。(^^)
 読んで楽しんでもらえればそれが何よりです。

2007-08-24 00:29 | from オオタ | Edit

ウスバキトンボの記事を楽しく、感動しながら読みました。
私も、淡い赤色のトンボはアキアカネと思いこんでいました。
ウスバキトンボの見分け方もよく分かりました。
それにも増して、南の島から世代交代しつつ遠く旅をする話しに、名文に引き込まれ、感動しました。
旅する昆虫は、カバマダラやアサギマダラの話しを耳にしますが、このトンボの話しは印象的でした。
たまたま、昨日、いつも行く公園でウスバキトンボがシオカラトンボに食われている姿を写真に撮ったところです。これも死出の旅の終わりの哀しい話しの一節になりますね。

2007-09-05 16:18 | from 舞岡コウチュウ

アサギマダラのようにはなれない

★舞岡コウチュウさん

 こんにちは。
 いらっしゃいませ。(^^)

 ウスバキトンボについて書いたことを楽しんでもらえたようでよかったです。
 こんなにドラマチックなトンボなのに何故か知名度が低いんですよね。
 旅する蝶アサギマダラのようにはなりそうもない。
 やっぱり姿が地味だからでしょうか。(^^;

 ウスバキトンボがシオカラに食べられてましたか。それはかわいそうに。
 シオカラは旅の途中で弱ってるなんてことは思ってなかったでしょうね。(^^;
 もう弱ってたのかなぁ。

 これを書いたのが去年の9月で、ほぼ一年になるんだ。
 時間が経ったような、そうでもないような。
 今年もまたウスバキトンボの終わりの季節が近づきました。

2007-09-06 03:09 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/362-6e0a18fe