梅の頃の山田天満宮 - 現身日和 【うつせみびより】

梅の頃の山田天満宮

山田天満宮-1

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4



 これは3月はじめ。まだ梅が咲き始めだった頃の山田天満宮。
 梅の下見のつもりで寄って、見頃になったらまた訪れようと思ったのに、行けないまま日にちが過ぎてしまった。今頃はもう、きれいな時期は終わってしまったことだろう。早すぎる時期でも行っておいてよかった。
 天満宮はやはり梅がよく似合う。
 梅の花が好きだった菅原道真。木瓜(ボケ)が好きだった夏目漱石。太宰治が好きだったのが桃の花。どれも春の花だ。
 ついでに言えば、私が好きな花はハルリンドウ。それもまた春。




山田天満宮-2





山田天満宮-3





山田天満宮-4





山田天満宮-5





山田天満宮-6





山田天満宮-7

 桜の便りが届く頃、梅の花は静かに終盤を迎える。梅の散り際まで見届ける人は少ない。
 北国ではまだこれから梅が咲いてくるのだろうけど。
 いずれにしても春。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

やっぱり梅と天満宮は合いますねえ〜
今年は名古屋の天満宮巡りをしてみようかなあ…

2014-03-20 15:05 | from 名無し

梅と天満宮



 こんにちは。
 天満宮と梅の組み合わせでいうと、山田天満宮が一番絵になると思います。
 上野天満宮はちょっと位置関係がよくないので。
 桜天神の梅は少しですが、ビルの谷間に埋もれるように建っているロケーションはいつ見てもちょっと驚きます。

2014-03-20 21:47 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3550-a9a8bc2f