蝮ヶ池八幡宮へ出向く - 現身日和 【うつせみびより】

蝮ヶ池八幡宮へ出向く

蝮ヶ池八幡-1

OLYMPUS E-M5 + Panasonic 14-42mm F3.5-5.6



 ネットで知り合った方に池下にある蝮ヶ池八幡宮(まむしがいけはちまんぐう)のことを教えていただいたので、ちょっと行ってきた。
 池下は駅前を通り過ぎることがあるくらいで、昔からあまり馴染みのない街だ。最近でいえば、何年か前に古川美術館へ行ったくらいで、あとはほとんど知らないといっていいくらいだ。愛知厚生年金会館も、知らない間に取り壊されてマンションになっていた。池下の両隣、今池と覚王山はそれなりに縁があるところなのだけど。
 蝮ヶ池八幡は、池下駅から北へ350メートルほどの場所にある。歩いて5、6分というところだろうか。
 本殿は階段を登った高台にあり、街中の喧噪から逃れ、境内は静かな雰囲気を保っている。
 創建は江戸時代前期で、石清水八幡から勧請したそうだ。
 ところで、池下や今池と、池のつく地名なのにこのあたりには池らしいものがまったくないことを不思議に思った名古屋人も少なくないんじゃないかと思う。
 かつては確かに池があったという。その名を蝮池という。名前の通り蝮の多い池だったとか。神社の名前もそこから来ている。
 現在の池下駅あたりにあって、けっこう大きな池だったらしい。大正10年に埋め立てられ、今は名残もない。
 蝮というと、安倍晴明と清明神社のことを連想する人もいるかもしれない。地理的には蝮ヶ池八幡から北へ1.6キロほどの場所に清明神社があり、安倍晴明もしくはその一族が住んでいてたという伝承が残っている。あちらも、晴明が蝮を退治したという話があるから、このあたり一帯はよほど多かったようだ。
 そんなわけで、蝮ヶ池八幡宮へ初参拝ということになった。




蝮ヶ池八幡-2





蝮ヶ池八幡-3





蝮ヶ池八幡-4





蝮ヶ池八幡-5





蝮ヶ池八幡-6





蝮ヶ池八幡-7





蝮ヶ池八幡-8





蝮ヶ池八幡-9





蝮ヶ池八幡-10





蝮ヶ池八幡-11





蝮ヶ池八幡-12

 名古屋の八幡宮というと、城山八幡宮が個人的には一番馴染み深い。
 名古屋総鎮守の若宮八幡社は、八幡といってもちょっと系統が違う。
 他には、御器所八幡宮、下中八幡宮、伊勝八幡宮があって、いずれもまだ行っていない。機会を見つけて、出向いていきたいと思う。地域ごとではなく、系統ごとに巡っていくというのもいい方法の気がしてきた。


スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

おおー、この八幡さんには俺も参拝に行った事があります。
御朱印も貰いました。

2014-03-05 09:04 | from 名無し

まだ知らない神社



 こんにちは。
 蝮ヶ池八幡宮に行かれたことがあるんですね。
 私は教えてもらうまで存在自体知りませんでした。
 雰囲気のあるいい神社さんでした。
 そうそう、社務所もありましたね。
 名古屋市内にもまだたくさん行ってない神社があります。

2014-03-06 00:17 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3523-19b657f9