藤前干潟をもう少し - 現身日和 【うつせみびより】

藤前干潟をもう少し

藤前干潟2-1

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 17mm f2.8 / Panasonic LEICA 25mm f1.4



 今日は藤前干潟の続きというか、残った写真を。
 日没少し前に着けばいいやと思っていたのだけど、帰りのバスの時間もあって、1時間くらいしかなかったので、ちょっと慌ただしい撮影になった。もう少し早く行っておけばよかった。
 前回は、あおなみ線の野跡駅(のせきえき)で降りて、名古屋市野鳥観察センターから新川、庄内川の河口をぐるりと回って藤前まで歩いた。
 今回は、名鉄バスセンターから出ている三交バスのサンビーチ日光川行きに乗っていった。藤前まではこちらの方がずっと近い。
 日光川、新川、庄内川河口の全体が藤前干潟と呼ばれる場所で、ラムサール条約に指定されている範囲もわりと広い。
 他の人がどのあたりから撮っているのか分からないのだけど、私は23号線の東あたりで撮ることが多い。
 ぐっと南へ下ったエリアから撮るとどんな感じになるのか、そのうち試してみたい。




藤前干潟2-2





藤前干潟2-3





藤前干潟2-4





藤前干潟2-5





藤前干潟2-6





藤前干潟2-7





藤前干潟2-8





藤前干潟2-9





藤前干潟2-10

 海や湖沼は風のあるなしでかなり表情が違ってくる。風速まではなかなか予測できないし、天気予報も当てにはならないから、その日その場の運次第ということになる。風がない方がいい場合が多いけど、どうせ吹くなら強風の方がいい。
 もう少し近ければ、ここは通うに値する場所だと思う。バスを乗り継いでの2時間弱は、通うにはちょっと遠い。
 それでもまた行きたいと思う。今回の干潮は70センチを超えていたので、もっと潮が引くとまた別の顔が見られるはずだ。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

オオタさま、

初めまして。
お正月に一の宮の真清田神社へ参拝をしその記事をUPしたいと思い、検索をしていてこちらの現身日和を拝見しました。
オオタさまの記事の内容に惹かれましたので、勝手を申しますがリンクさせていただきたいと存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。

2014-01-09 12:00 | from jugon | Edit

真清田さん

>jugonさん

 はじめまして。
 コメントいただきありがとうございます。
 リンクの件、もちろん了解です。
 こちらこそよろしくお願いします。

 真清田さんは私も好きな神社のひとつです。
 七夕のときに行くとものすごく賑わっているけど、普段の静かなときに行くと落ち着きます。
 去年の七夕は行けなかったから、今年は行けたらいいなと思ってます。

2014-01-09 22:05 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3452-045ebc7a