フォトコンのこと - 現身日和 【うつせみびより】

フォトコンのこと

フォトコン

 写真サイトPHOTOHITOのフォトコンテスト「Beautiful JAPAN『紅』」で、「紅袴」が入選(chatnoir23)。
 http://photohito.com/contest/beautifulJapan/2013/november/result/
 このフォトコンのために狙ったわけではないけど、Beautiful JAPANの紅(くれない)というテーマにぴったりの一枚だった。
 海外の写真サイトに投稿するとき、日本らしい写真ってなんだろうと考えることがあって、それもひとつ、自分の写真を見直すきっかけになった。
 日常的に当たり前に目にしているものの何が日本的で、何がそうでないかは、あまり意識していない。少し前からクールジャパンという言葉が使われるようになっているけど、そういう視点で日本を再認識してみると、これまでと違ったものが撮れるような気もしている。
 写真は意識だから、目にしているものが写るわけではない、見ているものしか写らない。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

おめでとうございます

入賞おめでとうございます。

外国人向けの土産物屋の絵葉書をみると、
日本人向け?のものと色調が異なり、「海外目線の日本」を意識することがありますね。

ところで工場夜景で受賞された、四日市の特産品が気になります。
お茶?四日市せんべい?万古焼の急須?長餅?さて・・・


2013-12-17 01:10 | from ごきげん | Edit

四日市名産

>ごきげんさん

 こんにちは。
 ありがとうございました。

 外国人が日本に来たとき、反応する場所ってけっこう意外なものだったりするんですよね。
 いかにも日本的なものばかりがいいと思うわけではないようで。
 外国人向けの怪しいお土産物とかは笑えたりします。
 意味が分かってない漢字のものとか。

 四日市の賞品は、実は今日届いたのでした。予定よりも遅れてました。
 ある意味予想通りの万古焼きでした。
 急須と湯飲みのセットです。
 藤井健司作とあったので、ネットで見てみたらけっこう有名な人みたいで。
 なかなかいいものでした。

2013-12-17 22:16 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3425-fc644873