森林公園行き ---夏は飛びもの - 現身日和 【うつせみびより】

森林公園行き ---夏は飛びもの

森林公園-1

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO + 5600HS(D)



 サギソウ飛ばしを完成させるべく、森林公園へ。
 しかし、サギソウはもはやほぼ終わっていた。湿地の主役はサギソウからシラタマホシクサに移りつつあった。しばし立ち尽くす。終わりはいつも唐突にやってくる。すべからく。
 気温はここへ来て最高記録を更新しているものの、夏の終わりの気配がだんだん色濃くなっていく。セミの鳴き声は、アブラゼミからツクツクボウシに変わった。夏休みももう、10日を切った。




森林公園-2





森林公園-3

 わずかに乗ったサギソウでサギソウ飛ばし。
 結局、完成形が頭の中でさえ完成しないままシーズンが終わろうとしている。去年から半歩くらいしか進まなかった。
 マルチ発光によるサギソウ乱舞は、来年へ持ち越しとなりそうだ。




森林公園-4

 飛ぶセミ撮りは、とにかく難しすぎる。あとひと月夏が続いたとしても撮れそうな気がしない。これまで撮ってきた中で、間違いなく最高難度の被写体だ。
 夏の里風景。青空に白い雲が浮かび、田んぼの稲は青々と育って風に揺れている。そこへセミが1匹、こちらへ向かって飛んでくる。カメラとの距離、2メートル。そこまで引きつけて、ジャストミート。
 そんな風景を思い描いていたのだけど、今のところ、可能性は感じない。




森林公園-5





森林公園-6





森林公園-7





森林公園-8





森林公園-9





森林公園-10





森林公園-11





森林公園-12

 夏はもう少し続く。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3291-38048b66