夏の犬山 - 現身日和 【うつせみびより】

夏の犬山

犬山-1

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 / 10-24mm



 夏の犬山へ。
 春や秋はよく訪れている犬山も、夏となるとちょっと記憶にない。もしかしたら8月は初めてかもしれない。
 学校は夏休み期間中とはいえ、お盆休みも終わった平日ということで、城下を歩いている人もまばらだった。こういう何もない普段着の犬山を見るのも久しぶりな気がした。
 特にこれという目的があったわけでもないのだけど、夏の犬山で何が撮れるか、一度撮ってみたいと思ったのだった。
 犬山城の天守は素通りして、城北の木曽川沿いに向かった。夕方着くように、遅い時間に家を出てきた。
 夕景を撮りつつ日暮れを待って、夜鵜飼いを撮るというのがおおまかなプランだった。




犬山-2





犬山-3





犬山-4





犬山-5





犬山-6





犬山-7





犬山-8





犬山-9





犬山-10





犬山-11





犬山-12





犬山-13

 鵜飼い船は3艘ほど出ていたようなのだけど、向こう岸近くを行ったり来たりしていて、遠くからでは様子がよく分からなかった。もっと煌々と明かりを焚いているイメージがあったのだけど、実際は想像以上に暗かった。暗がりの中で黒い鵜は見えず、鮎が獲れているのかどうか、まるで分からない。
 昼の鵜飼いもあるのだけど、写真的にはあまり絵にならない気がするし、やはり、鵜飼い船に乗らないと鵜飼いの様子は撮れないのだろうか。
 やや物足りなさを感じつつも、日がどっぷり暮れた夏の犬山をあとにした。秋にはまた訪れることになる。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3290-dbafee8f