初めての陶祖公園 - 現身日和 【うつせみびより】

初めての陶祖公園

瀬戸-1

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 他



 瀬戸の町並みを高いところから撮りたいと、前々から思っていた。高台の方は何度か行ったことがあるものの、視界が開けず、いい撮影ポイントを見つけることができずにいた。以前行った磁祖公園も木々が生い茂っていてよくなかった。
 これだけ瀬戸へ行っているのに、どういうわけか盲点になっていた陶祖公園へ初めて行ってみた。まさか瀬戸の公園に猿や鹿がいたとは思いもよらない。そんな話は聞いたことがなかった。そもそも陶祖公園になぜ今まで行かなかったのか、自分でも不思議なくらいだ。
 たまに犬の散歩の人が通るくらいで、公園はひっそりしていた。西日を浴びる無人のブランコが、どこかメランコリックに感じられる。
 部分的に見晴らしがよくなっていて、想像に近い町並みを見ることができた。欲を言えば、もう少し尾張瀬戸駅に近ければ尚よかった。瀬戸電が見えたら言うことなしなのだけど。
 桜の木もけっこうあるから、春には花見スポットになりそうだ。来年の春はぜひ訪れたい。その前にちょくちょく行くことになると思う。




瀬戸-2





瀬戸-3





瀬戸-4





瀬戸-5





瀬戸-6





瀬戸-7

 他にも撮影ポイントがないかと探すも、見つけることはできなかった。




瀬戸-8

 瀬戸川沿いの風景も、ここ10年で大きく変わった。




瀬戸-9





瀬戸-10





瀬戸-11

 瀬戸のお気に入りがまたひとつ増えた。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3186-bcc813d2