海上の森も初夏の色 - 現身日和 【うつせみびより】

海上の森も初夏の色

海上の森-1

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / MINOLTA 100-300mm



 海上の森も初夏。耳元には羽虫がまとわりつき、顔に蜘蛛の糸がかかる。ああ、また夏がやってきたな、と思う。
 海上池にも水が入り、立ち枯れ木の風景から一変した。桜の頃はまだ残っていた冬の名残は消え、森は茶色から緑色へと衣替えを終えた。
 この日は篠田池から海上池を巡るコースを歩いた。ずいぶん日が長くなったのも実感する。




海上の森-2

 野性味溢れる藤の花の姿。
 この様子を見て、藤棚に這わせて美しい姿を鑑賞しようと思いつくのは、日本人ならではの感覚かもしれない。まあ、そんなことを思いついたのは、平和で暇な江戸時代の人なんじゃないかと思う。




海上の森-3





海上の森-4





海上の森-5

 森も今は花は少なめ。




海上の森-6





海上の森-7

 篠田池の映り込みも、新緑色になっていた。




海上の森-8





海上の森-9





海上の森-10





海上の森-11





海上の森-12

 この夏も、海上の森に通うことになる。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3172-c9006d75