街の風景 - 現身日和 【うつせみびより】

街の風景

街の風景-1

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 他



 これといって特徴のない郊外の風景。日本全国、どこもたいした違いはない。日常的に目にするそれらの光景に反応してシャッターを押す。どこかどうよかったとか、上手く説明することはできない。なんとなく撮りたかったからとしか言いようがない。
 10年前の自分には撮れなかったものが今撮れるようになったのが嬉しい。意味というものから解放されて自由になった。10年後の自分はもっと自由になれるんじゃないかと期待が持てる。
 何気なく見過ごしてしまいそうな風景のちょっとした部分に引っかかって写真を撮る。すべては移ろい、消えてゆくものだけど、今ここに確かに存在している。写真を撮るには、自分がそこに居合わせる必要がある。
 ありふれていることが無価値なわけではない。昔よりずっと、何でもないものを愛おしく思えるようになった。




街の風景-2





街の風景-3





街の風景-4





街の風景-5





街の風景-6





街の風景-7





街の風景-8





街の風景-9





街の風景-10





街の風景-11





街の風景-12

 すべては変わっていく。街も自分も。
 時間と空間と自分がぶつかった一点で、写真は生まれる。
 永遠の一瞬。それは写真だけかもしれない。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3170-908bf582