海上の森へ再び - 現身日和 【うつせみびより】

海上の森へ再び

海上の森-1

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / TAMRON 180mm f3.5 MACRO



 ギフチョウを撮りたいと、再び海上の森へ向かった。
 前回見つけたミツバツツジのポイントへ行ってみる。
 しかし、まったくいるような気配がない。生きものそのものがいない感じで、動きもなくしんと静まりかえっている。しばらく歩き回りつつ待ってはみたけれど、全然可能性を感じないのであきらめた。
 モリコロからは直線距離で3.5キロくらいだし、ネットの情報ではいるというからいるにはいるんだろうけど、これまでの感じからすると数はあまり多くない気がする。モリコロの方が見られる確率は確実に高い。
 三角点まで行くのも久しぶりだった。ここはけっこう見晴らしがいい。上から見る森の木々もすっかり春めいていた。




海上の森-2

 この日撮れたのは、こいつだけ。蝶自体、あまり見かけなかった。
 アカタテハだと思ったけど、どうも模様が違う。ヒオドシチョウだろうか。




海上の森-3

 愛知環状鉄道を俯瞰で撮れるポイント。
 夜に光跡を撮ってみたいけど、暗闇の森を歩くのは嫌だ。怖すぎる。




海上の森-4

 湿地ではハルリンドウがたくさん咲いていた。




海上の森-5

 ピンク・バージョン。




海上の森-6

 木の上で尾っぽの長いものがササッと動いたから、やった、サンコウチョウだ、と思ったら、何かの獣だった。
 よくよく目をこらして見てみると、リスではないか。
 けっこう海上の森に通っているけど、ここでリスを見たのは初めてだ。ニホンリスだとすると、それも初見ということになる。
 望遠レンズを持っていなかったのが惜しまれたものの、野生のリスはかなり嬉しかった。
 サンコウチョウは夏鳥だから、もう少し先にならないと見られないはずだ。一度は撮ってみたい。




海上の森-7





海上の森-8

 虫たちの季節はもう少し先になるようだ。海上の森も、これからもっと楽しくなっていく。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3148-cb746aff