志段味地区を回ってみる - 現身日和 【うつせみびより】

志段味地区を回ってみる

志段味-1

SONY α55 + SONY 35mm f1.8



 森林公園の奥、東谷山に出るまでの間の地域は、あまり馴染みがない。志段味(しだみ)という地区で、多くの古墳が発見されていることからみても、昔からまとまった数の人たちが暮らしていたところだ。現在は山越えの厳しい地形で、自転車泣かせとなっている。
 このあたりはため池が多いところで、大小あわせて10以上の池が点在している。森林公園内や尾張旭エリアの池は馴染みがあるものの、志段味にあるものはほとんど知らない。前から気にはなっていた。
 ということで、どんな様子なのか知るために、ちょっと回ってみることにしたのだった。
 まずはよく知っている維摩池から。これを「いまいけ」と読むことを知ったのは、わりと最近のことだ。いまいけといえば、名古屋では今池が反射的に思い浮かぶ。




志段味-2





志段味-3





志段味-4

 安田池。
 かなり行きづらい場所にあった。アップダウンを乗り越え、住宅地を抜けて、ようやく発見した。
 春や秋はどんな表情を見せるのか分からないけど、冬に見るとこれといった特徴のない池だった。




志段味-5

 坂のある町に暮らすのは大変だと思う。
 風景としては惹かれるのだけど。




志段味-6

 諏訪神社。
 なんだか真新しい。




志段味-7





志段味-8

 筧池。




志段味-9





志段味-10

 この日の最終目的地、大久手池に到着。
 ここから東谷山がどんなふうに撮れるかを確かめたかった。
 風が強い日で、水面にさざ波が立っていて、東谷山の映り込みは見られなかった。
 風のない夕焼けどきにもう一度訪れたい。夕日を背にする格好になるから、夕照の東谷山が映り込む風景が撮れるかもしれない。




志段味-11





志段味-12

 寒い日が続く中、田んぼの準備が始まっている。

 多少、志段味について知ることができた。この日回ったのは中志段味、上志段味で、下志段味にも小さな池がいくつかあるから、機会があればそちらも散策してみることにしよう。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

志段味は新しい町ですので、なかなか被写体になるようなものは少ないかもしれません。

ただ、サイクリングロードがあるので、そこなら少しは面白いものが撮れるかもです。

2013-02-24 01:30 | from misty | Edit

志段味のこれから

>mistyさん

 こんにちは。
 志段味は、町としてはまだ新しいんですね。
 そういえば、歴史的な建物はほとんどなかったような。
 東谷山へ通じる道を長いこと工事してるけど、あれが完成したら、自転車でもだいぶ走りやすくなります。
 これから発展していくのかなぁ。

2013-02-24 21:30 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3084-bc0fcb3d