受験シーズンの桜天神へ - 現身日和 【うつせみびより】

受験シーズンの桜天神へ

桜天神-1

SONY α55 + SONY 35mm f1.8/ TAMRON 10-24mm f3.5-4.5



 桜天神社に到着したときは、すでに日没間際だった。
 ちょくちょく訪れているから久しぶりという気はしないけど、ひょっとすると一年以上間が空いているかもしれない。
 名古屋三天神のひとつで、初詣のとき上野天満宮と山田天満宮を訪れたから、これで三つ揃った。
 入り口に置かれている時分鐘は、江戸時代のレプリカで、かつては名古屋城の城下に時を知らせるために一日2回、12時に鳴らされたという。昼はともかく、夜中も鳴らしていたとは。尾張2代藩主光友が作らせたとされる。
 かつて境内には、立派な桜の木があって、名古屋城下の桜の名所として知られていたそうだ。いつしか桜の木はなくなり、名前だけが残った。桜通の名はここからきている。今はイチョウ並木の名所となった。




桜天神-2

 合格祈願に訪れる受験生は多い。




桜天神-3





桜天神-4





桜天神-5

 いつ見てもすごいロケーションだなと思う。




桜天神-6





桜天神-7





桜天神-8

 センター試験は終わったけど、ここももうしばらく賑わいが続く。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3053-b7995102