城山八幡宮へ挨拶に - 現身日和 【うつせみびより】

城山八幡宮へ挨拶に

城山八幡宮-1

SONY α55 + SONY 35mm f1.8



 上野天満宮をあとにして続いてやってきたのは、城山八幡宮だ。
 ここも年に一度くらいは訪れているおなじみの神社で、新年の挨拶にいっておくことにしたのだった。八幡の神に戦いの手助けをお願いにいったとかそういうことではない。
 戦国時代には織田信秀が築城した末盛城があった場所で、現在でも空堀などの遺構を見ることができる。
 もともと八幡社があったわけではなく、一時城主を務めていた信行(信秀の息子で信長の弟)が勧請した白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)があったらしい。その後廃城となり、近隣の神社を集めて八幡社となったという。それが明治の終わりで、現在の城山八幡宮になったのは戦後のことだ。
 そんなわけで、歴史があるようなないような神社だったりする。白山社だった頃の名残も少しある。
 このときはさほど参拝客はいなかったものの、三が日はそれなりに賑わったんじゃないかと思う。
 ここで行われた豆まきに参加したのは、おととしのことだ。写真を撮りながらだったので激しいもみ合いに負けて3粒しか拾えなかった。




城山八幡宮-2





城山八幡宮-3





城山八幡宮-4





城山八幡宮-5





城山八幡宮-6





城山八幡宮-7

 15メートルを超える名古屋で一番大きなアベマキは、連理木となっている。一度分かれた幹が再びくっついて生長するということで、昔から縁結びや夫婦円満の御利益のあるご神木とされてきた。これを目当てに訪れる人も少なくない。
 何年か前から名古屋恋の三社めぐりというのをやっていて、ここはそのひとつとなっている。




城山八幡宮-8

 だいぶ日が傾いてきたものの、最近少しずつ日没が遅くなってきた。日が暮れる前にさらに神社を巡ることにした。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

いつも見せていただくばかりですが・・・
かなり精力的に行動されていますね
同じ名古屋にいながらただ驚くばかりです
もう少し私も動かネがと背中押される思いです

2013-01-09 09:47 | from ぱふぱふ

名古屋の撮るところ

>ぱふぱふさん

 こんにちは。
 コメントありがとうございます。
 去年は写真に専念すると決めたこともあって、できる限りあちこちを巡りました。
 今年はそうもいかないですが、できるだけ写真を撮りに出かけたいと思ってます。
 名古屋も見るところ、撮るところはたくさんあると再発見してます。
 いいところを見つけたら、また紹介しますね。

2013-01-09 21:30 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3039-27cd4f9d