瀬戸電風景 ~秋から冬編 - 現身日和 【うつせみびより】

瀬戸電風景 ~秋から冬編

瀬戸電-1

SONY α55 + SIGMA 50mm f1.4 他



 今日は瀬戸電風景をお送りします。
 瀬戸電シリーズも、ちょっと久しぶりのような気がする。ここのところあまり撮ってはいないのだけど、それでもちょろちょろ撮っていると、いつの間にか写真がたまっている。
 今回は秋の終わりから冬の初めあたりの風景が中心となっている。




瀬戸電-2





瀬戸電-3





瀬戸電-4





瀬戸電-5





瀬戸電-6





瀬戸電-7





瀬戸電-8





瀬戸電-9





瀬戸電-10





瀬戸電-11





瀬戸電-12





瀬戸電-13

 線路脇にもしっかりと季節感があって、瀬戸電を撮っていてもそれを感じる。
 今はもう花もほとんどなくなり、枯れ茶色の風景になった。次の春を待つより他になすすべがない。
 赤い列車が少しずつシルバーと入れ替わって、少なくなってきた。赤色が消えてしまうのもそう遠い将来ではなさそうだ。
 沿線風景も歳月とともに変わってゆく。ここ数年で、高架になる部分もある。せめて、尾張旭の城山あたりは変わらずそのままであって欲しい。
 来年も引き続き、瀬戸電風景は撮っていきたいと思っている。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/3025-a5da3849