揚輝荘は名古屋の隠れ紅葉名所 - 現身日和 【うつせみびより】

揚輝荘は名古屋の隠れ紅葉名所

揚輝荘-1




 名古屋市内の紅葉巡りでこの日訪れたのは、覚王山にある揚輝荘(ようきそう)だった。
 ここはなかなかのマイナー・スポットなので知っている人はさほど多くないと思う。覚王山日泰寺のすぐ隣だ。
 松坂屋の前身である、いとう呉服店の初代社長・伊藤次郎左衞門祐民の別荘だったものを、名古屋市が譲り受け、その後一般公開されるようになった。屋敷内は予約制で見学できるようになっていて、庭は普段も公開されている。
 訪れたのは11月22日で、まだ少し早かった。去年は12月に入ってからの訪問でちょうどよかったから、今年の紅葉が前倒しなのは間違いない。



揚輝荘-2




揚輝荘-3




揚輝荘-4

 邸宅の伴華楼。



揚輝荘-5

 屋敷内にある稲荷社。



揚輝荘-6




揚輝荘-7




揚輝荘-8

 池に架かる白雲橋は、修学院離宮にある千歳橋を模しているそうだ。



揚輝荘-9




揚輝荘-10

 明日の25日には、紅葉を楽しむ会というイベントも開催されるようだ。
 知っているとちょっと嬉しい紅葉スポットとしてオススメします。
 

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/2974-9347e7b3