東海道関宿街道まつり <1> - 現身日和 【うつせみびより】

東海道関宿街道まつり <1>

関宿まつり-1

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8(D)



 三重県亀山市の東海道関宿街道まつりに行ってきた。
 関宿はおととしの春に一度訪れている。今回はお祭りということで、前回とはまったく違った雰囲気だった。
 かつて東海道の宿場町だった頃も、このような賑わいを見せていたのだろうか。東海道五十三次の47番目の宿場町で、東西の分岐点として大勢の人や物資が行き来したところだ。
 街道まつりは、昔から行われていそうなお祭りなのに今年が27回目ということで、歴史は意外と浅い。それでも知名度は高いようで、この日は2万人からの見物客が訪れてたそうだ。祭りの行列と見物人で、街道はびっしり埋まるほどだった。
 名古屋まつりの関宿版のようなものを想像していたら、ちょっと違っていた。時代行列などがメインであるのは同じでも、やや趣が異なっている。名古屋まつりが真面目じゃないとは言わないけれど、関宿街道まつりはなかなか本格派だった。




関宿まつり-2





関宿まつり-3





関宿まつり-4





関宿まつり-5





関宿まつり-6

 一番人気は、花魁道中だった。
 花魁(おいらん)は江戸吉原での呼び名で、京、大坂では太夫(たゆう)といっていた。
 いずれにしても江戸時代は雲の上のスーパースターだから、庶民はこんな無遠慮に近づいたりはできなかったはずだ。




関宿まつり-7





関宿まつり-8





関宿まつり-9

 関の山の語源になったともいわれる関の山車(やま)も出る。




関宿まつり-10





関宿まつり-11





関宿まつり-12





関宿まつり-13

 神事ではない分、軽やかで爽やかな印象のお祭りだった。参加する人も見る人も楽しんでいたし、撮るのも楽しかった。

 つづく。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/2946-d5d23d84