多国籍サンデー家庭料理 - 現身日和 【うつせみびより】

多国籍サンデー家庭料理

サンデー1

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8(D) + 3600HS(D)



 今週末は土曜日が晴れで、日曜日が雨だった。普通なら土曜に出かけて日曜に料理というパターンになるところなのだけど、今週は逆だった。日曜の三谷祭へ行くために土曜日に料理をした。三谷祭については、来週紹介したいと思う。
 今週もまた、いつもの感じに終始した。残っている食材を使い切らないといけないというのもあって、2週はセットのようになることが多い。今週は先週の続きというか、姉妹編のような料理だった。




サンデー2

「鮭の味噌ソースがけ」
 鮭に塩、コショウ、酒を振って、しばらく置く。
 ごま油、酒、みりん、しょう油、砂糖、豆板醤、味噌、長ネギの刻みを混ぜ、ひと煮立ちさせる。
 味噌ソースに鮭を入れ、火が通るまで加熱する。
 鮭と味噌の組み合わせは初めての試みだったのだけど、思った以上によく合う。ピリ辛長ネギ味噌ソースは、他にも応用ができそうだ。




サンデー3

「カボチャとトマトのチーズソース」
 カボチャ、トマト、ブロッコリーを切り分け、タッパーに入れてレンジで3分加熱する。
 オリーブオイルでカボチャなどを炒め、酒、みりん、コンソメの素、砂糖、マヨネーズ、塩、コショウ、からしで味付けをする。
 終盤でとろけるチーズを加える。
 カボチャの甘さを打ち消すべくトマトをあわせ、からしマヨネーズソースを絡めてみたら、かえってカボチャの甘さが引き立つことになった。これはこれで美味しかったのだけど。




サンデー4

「ほうれん草やらエビやら鶏肉やら豆腐やらの卵とじ」
 ほうれん草の卵とじにあれこれ加えたといった方が簡単かもしれない。
 ほうれん草を軽く下茹でして、取り出したら水にさらし、水気を絞る。
 オリーブオイルでエビを炒め、だいたい火が通ったらいったん取り出す。
 鶏肉とタマネギを炒める。
 酒、みりん、白だし、砂糖、塩、コショウでベースを作り、ほうれん草、絹ごし豆腐を入れて、しばらく煮る。
 エビを戻し、溶き卵を混ぜ入れて、卵が半熟くらいになったら火を止める。
 カレー粉で味付けをするとか、水溶きカタクリ粉でとろみをつけるとかの考えもあったのだけど、あまりやりすぎずにここまでとした。

 今週はまあまあよかったんじゃないかと。相変わらず和洋中、どこの料理ともつかない多国籍家庭料理ではある。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/2932-03b37af5