10月の岩屋堂 - 現身日和 【うつせみびより】

10月の岩屋堂

岩屋堂-1

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 / TAMRON 180mm f3.5



 夏休みと紅葉の間のこの時期、岩屋堂はひっそりと静まりかえる。人影もまばらで、早くも晩秋のような冷たい風が吹く。
 閉園されたプールにまだ水は張られたままだ。取り壊すお金ももったいないから、しばらくはこのまま放置されるのかもしれない。
 こんな時期の岩屋堂を訪れるのは、鳥屋さんか、野草好きくらいだろうか。なんとなく来てしまったカップルなどもいるだろうけど。
 私はといえば、前回訪れたのが6月だったから、夏の間はすっぽり抜けている。今となっては一度くらい8月に訪れておけばよかったと悔やんだ。距離の遠さと坂道の厳しさが、なかなか岩屋堂に気持ちを向けさせない。一度行くと、2、3ヶ月は行きたくないと思ってしまう。
 今回は一つ、確かな目的があった。それはのちほど登場する。




岩屋堂-2

 いつものように、いつものコースを歩く。
 この日は日差しが弱く、印象的な光がなかったこともあって、フラッシュを多用して、いろいろ実験的に撮った。




岩屋堂-3

 ときどき思い出したように日差しが戻ったものの、またすぐに太陽は隠れてしまった。




岩屋堂-4





岩屋堂-5





岩屋堂-6





岩屋堂-7





岩屋堂-8

 この日のお目当てはこれ、ダイモンジソウだった。
 前に一度、遠くから撮ったことがあるだけで、じっくり撮るのは今回が初めてだった。
 ただ、岩場にへばりつくように咲いていて、思うように近づけない。長靴持参で行ったものの、深くて速い流れの川は、ずぼずぼ入っていけるようなものではなかった。暗いので手持ちは厳しく、三脚を立てるとますます自由度が低くなり、なかなか撮りきれなかった。
 まだやっと咲き始めたところで、時期的にも早かった。今年はダイモンジソウも遅れ気味で、見頃は1週間か10日くらい先じゃないかと思う。




岩屋堂-9

 今月中にもう一度撮りにいこうとは思えない。他に咲いているところを知らない。
 それでも、一応撮れたことで、今回は満足しておくことにした。




岩屋堂-10





岩屋堂-11

 次に岩屋堂を訪れるのは、紅葉の11月後半だ。もうしばらく、岩屋堂の静けさは続く。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/2917-783a6d32