三度目の四日市工場夜景 - 現身日和 【うつせみびより】

三度目の四日市工場夜景

四日市工場-1

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 / TAMRON 10-24mm / SIGMA 170-500mm



 久しぶりに四日市コンビナートの夜景を撮りにいってきた。
 2009年に初めて撮って、翌年再訪、去年は結局行かず、今回が三度目となった。
 年々工場夜景もよく知られるようになり、工場夜景クルーズなども人気を博している。四日市の工場といえば昔は公害のイメージしかなかったけど、近頃では夜景の方がすっかり有名になった。川崎、室蘭、北九州とあわせて四大工場夜景スポットなどともいわれる。
 四日市工場地帯の主な撮影ポイントは3つ。最もメジャーなのが霞ヶ浦緑地の四日市ドーム裏で、上から見るなら四日市港ポートビルのうみてらす、もう一ヶ所が大正橋の南、ということになる。あるいは、塩浜エリアを入れて4ヶ所とすべきか。
 二度の訪問で霞ヶ浦とポートビルは撮ったから、このときはまだ撮っていない大正橋から撮るのが目的だった。
 まずはJR富田浜駅で降りて、霞ヶ浦緑地まで歩いた。撮影ポイントまでは約2キロ。30分から40分という距離だ。
 ここは二度目ということで勝手が分かっていた。夕方に着いて、少し撮りながら暗くなるのを待った。
 残念ながら工場地帯は東向きなので、夕焼け空をバックに撮ることはできない。狙うなら朝焼けの時間帯ということになる。




四日市工場-2





四日市工場-3





四日市工場-4

 この日、新たな試みとして、500mmを使った。
 しかし、ここは海辺の吹きさらし。常に吹き続ける風に図体のでかい500mmは震え続け、止まることがない。手ぶれ補正も効かない。これは完全な誤算だった。
 苦肉の策として、地面に置いて撮ることを思いつく。ただ、レンズの下に物をかませて角度をつけるのは限界があり、細かい部分まで構図を整えられず、ブレも完全には押さえ込めずで、まともに撮れたものは少なかった。
 部分に迫って切り取るという発想自体は捨てがたいものだから、次回までに対策を考えたい。できれば大きな段ボールにでも入って撮りたいところだけど、そんなことをしてたら怪しすぎる。




四日市工場-5





四日市工場-6





四日市工場-7





四日市工場-8

 大正橋の南へとやって来た。
 四日市ドーム裏からだと約2.2キロ。40分くらいだった。
 JR四日市駅から歩いて15分から20分くらい。近くに車を停めておけるところはない。
 川の南岸が細い舗装道路で、気兼ねなく三脚を立てて撮れる。
 このエリアの工場地帯も、やはり格好いい。




四日市工場-9





四日市工場-10





四日市工場-11





四日市工場-12





四日市工場-13

 一眼と三脚を持っていって、長時間露光すれば、誰でもきれいな工場夜景が撮れる。目で見るよりも写真に撮った方がずっと劇的になる。
 ただ、そこからもう一歩進めて、自分なりの表現ということを目指した場合、工場というのはなかなか難易度の高い被写体だ。誰でもきれいに撮れるということは、誰が撮っても同じようになってしまうということで、上手い人でも差をつけづらい。
 一つポイントとしては、背景の空の色と光だろう。完全な夜になってしまうと面白みがないし、場所柄夕景も狙えない。となると、深夜から朝方まで粘るか、早起きして夜明け前に行くかということになる。そこまでの根性をみせれば、他人とは違ったものが撮れるだろう。
 あとはホワイトバランスと彩度をどうするか。このへんは個人の好みでもあるので、一概に正解は決められない。質感を出すためには、あえて彩度を落とした方がいい。解像感へのこだわりも捨てて、明瞭度を下げてみると、また違った表現になる。
 今回はいろいろなパターンの仕上げを試してみた。
 いずれにしても、ある程度イメージを固めてから行かないと、工場夜景の美しさに撮らされてしまう。結果、ただ撮っただけの写真になりがちだ。工場夜景写真は、思った以上に奥深いものだと感じている。
 次の機会があれば、まだ行っていない塩浜地区を撮りたい。冴えた空気で撮れる冬がベストなのだけど、なにしろ風が冷たくて寒いので、あまり行く気がしない。私の工場夜景撮りは、これでシーズンオフになりそうだ。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

うわーコンビナートって夜はこんなに綺麗になるんですね!!
工場夜景はうちの県ではとれないから新鮮です

2012-10-11 22:56 | from 近江のしまんちゅう

四日市をりっぱに撮ろう

工場夜景がいわれるようになり、撮りに行ったのですが、
肉眼でみえない湯気?みたいなのが煙突から出ていて、
驚きもあったのですが、
これなにだしてるんだろ~って思いました。
(住んでいる人にとっては非常に気になる)

夜景は揺れが大敵ですね、
そのためカメラを固定できるポイントが限られてくるのが難ですね。
(四日市ドームの柵、邪魔でしょう)
すると回数撮っても同じような感じで、
あとは天候とか時間(薄暮、日の出)しか変化がつけられないのかとか・・・

あたらしいポイント探してみますね、交通費いらないんで。

2012-10-11 23:46 | from ごきげん | Edit

新鮮な驚き

>近江のしまんちゅうさん

 こんにちは。
 工場夜景なんて、知らなければずっと知らないままですよね。
 私も3年前に初めて撮るまで、まったく知らなかったので、最初に見たときは新鮮な驚きでした。
 肉眼で見るより写真に撮った方がより感動的です。
 チャンスがあれば、ぜひ一度。

2012-10-12 21:45 | from オオタ | Edit

次回は塩浜へ

>ごきげんさん

 こんにちは。
 近くを歩いていると、確かに化学薬品っぽい臭いがしたり、少し目がチカチカしたります。(^^;
 たまに行って写真に撮るだけなら、無責任に感動できます。
 行く前はもっと撮れるんじゃないかと思うんだけど、いざ撮ってみると、あきりたりな感じで、もう一歩と思ってしまいます。
 朝焼けは狙い目の一つでしょうね。
 塩浜エリアは行ったことありますか? あそこも川の対岸から撮るといい感じのようです。

2012-10-12 21:49 | from オオタ | Edit

工場はまえから興味があって、実際に撮ったこともあるのですが
そう、代わり映えしないのですよね~
で結局撮らなくなりました
コイツで個性を出すのは本当に難しい・・
そうですね、早朝とか面白いかも知れません
あと人を入れるとか・・モデルでも頼まないと無理っぽいですが(汗

2012-10-13 22:10 | from equinox | Edit

一歩先の工場夜景

>equinoxさん

 こんにちは。
 工場夜景は、最初のインパクトと感動が大きくて、撮ってみるときれいに撮れるんだけど、人と違うものを撮ろうとすると、はたと立ち止まってしまいますね。
 レンズパワーに物を言わしても満足できないし、レタッチで印象的に仕上げても、それだけのものだし。
 現場で完成させる自分だけの作品となると、工場という被写体は難しいと感じます。
 篠山紀信ばりに工場夜景とヌードという組み合わせでもしないとインパクトは出ないかも?(^^;

2012-10-14 20:52 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/2910-f2e48fd5