港区築地口の散策と築地神社 - 現身日和 【うつせみびより】

港区築地口の散策と築地神社

築地神社と拝殿


 千鳥2丁目にある築地神社は、境内も広く、なかなか立派な神社だった。名古屋港総鎮守の神社だ。
 ここも歴史は古くない。明治40年の名古屋港開港で人が増えて、神社の一つも必要だろうという話になり、やっと念願かなったのが昭和13年のことだった。海に近いから水関係の神様かと思いきや、熱田神宮からの勧請だそうだ。
 空襲で本殿などは焼けてしまい、現在のものは戦後の昭和36年に再建されたものだ。




築地口2-2

 出雲神社や金比羅社など、いくつかの境内社がある。
 緑が少ない港町にあって、ここだけは別世界のような鎮守の森となっている。




築地口2-3





築地口2-4





築地口2-5





築地口2-6





築地口2-7





築地口2-8





築地口2-9





築地口2-10

 港に近づくと、だんだん工場地帯の風景になる。



築地口2-11

 154号線から東エリアの散策はこれで終わりとなる。
 次は道を渡って西エリアを歩いてみる。

 つづく。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/2853-f3e0dda2