蟹江の須成祭を撮りにいく - 現身日和 【うつせみびより】

蟹江の須成祭を撮りにいく

須成祭-1

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 + 3600HS(D)



 土曜日の夜、蟹江で行われた須成祭(すなりまつり)の宵祭に行ってきた。
 今年平成24年3月に、国の重要無形文化財に指定されたことで、地元では力が入っていた。名古屋から蟹江町まで市バスを無料で走らせたり、知事と市長の大村・河村コンビも駆けつけたりした。
 蟹江の北、須成地区に建つ冨吉建速神社(とみよしたけはやじんじゃ)と八剱社(はっけんしゃ)の祭礼で、400年の歴史を持っている。信長、秀吉ともゆかりのある祭礼で、津島の天王祭と同じく、提灯を飾った巻藁船(まきわらぶね)が川をいくのが特徴だ。
 牛頭天王(こずてんのう)を祀る神社の祭礼ということで、京都八坂の祇園祭などと同様、夏の厄除けとして行われてきた。
 蟹江は6月に歩いたばかりで、七宝町へ行ったときもゴールは蟹江駅だったから、ここ数ヶ月で続けざまに三度訪れたことになる。縁のなかった町も、一度縁ができるとこうして続くことはよくある。
 須成祭を見るのは、今回が初めてだった。




須成祭-2

 津島の天王祭とは違って、地元のローカルな祭りなので、遠方から大勢やってくるといったようなふうではなかった。
 JRの蟹江駅から祭りの会場へ向かう人波もなく、場所か日にちを間違えたんじゃないかとちょっと不安になった。
 近づくと少しずつ歩いている人の姿が増え、そのあとについていった。そのへんの家からふらりと出てきた地元の人たちといった感じだった。




須成祭-3

 日もとっぷり暮れた夜の8時から宵祭は始まる。到着したのは8時半前で、すでに船は動いていた。




須成祭-4

 飾橋から出た船は川をさかのぼり、天王橋を目指す。
 途中の御葭橋は巻き上げ式の跳ね橋で、年に一度、この祭りのときだけ上げる。




須成祭-5

 橋が上がったところ。




須成祭-6

 上流で仕掛け花火が行われていた。進もうとしたら一時的に通行止めになって、先へ行けず。
 あとから分かったのだけど、天王橋付近に先回りして、場所を確保しておくのが須成祭の賢い楽しみ方のようだ。船の後ろからついていっているようでは後手を踏む。初めての祭りで事情を把握していないとこういうことになる。




須成祭-7





須成祭-8





須成祭-9





須成祭-10

 天王橋で赤いほおずき提灯と餅を投げるというので、どんなことになるのだろうと見ていたら、畳んだ提灯の中に餅を入れて、それを投げていたようだった。数は30個とかで、すぐに終わってしまった。こちらには一度も飛んでこず。




須成祭-11

 唐突に花火が上がり、すぐに沈黙した。
 全体的な祭りの進行が最後まで把握できないままだった。




須成祭-12

 とにもかくにも、須成祭を見たことは間違いなく、それで満足して帰ることにした。
 翌日の朝は、朝祭として、船に梅花、桜花を飾り、稚児を乗せて同じコースを行く。
 今回で流れと状況は掴んだから、次のチャンスがあれば、もう少し上手く撮れると思う。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

蟹江町は奥が深いですぞ!

10年ほど前数年間、
蟹江に住んでいたので見に行ったことがあります。
(川祭なので行動が制限されますね)

祭の時期になると蟹江町産業文化会館(お城のような建物)
でパネルと映像記録で須成祭を紹介する展示があり、
愛知県はとにかく都会と思っていたのですが、
車楽船(だんじりぶね)がでるのはクライマックスで、
それまでにことこまかなシキタリがたくさんあり、
それらがよく伝承されていると感銘を受けたものです。

須成祭は(町外の方に分かりやすい言い方をすると)JR線の北側の地区の祭で、
先日、オオタさんが歩かれた、
JR線と近鉄線の間の地区は屋形とよばれる山車のような曳きものが、
(蟹江川沿いの銭湯のちかくにある)神明社に5台?くらい集まるまつりがあり、
そのほかに金のシャチホコがのっかった金キラの神楽屋形を曳く地区もあり、
なかなか興味深いところです。

2012-08-06 00:40 | from ごきげん | Edit

蟹江

>ごきげんさん

 こんにちは。
 蟹江に住んでいたことがあったんですね。
 須成祭も見てましたか。
 見物人の様子を見ると、毎年楽しみにしていると思われる年配の方とか、近所の子供とかがたくさん訪れてました。
 国の重要無形文化財になってよそから大勢やってくるようになると、少し雰囲気も変わってしまうのかもしれないですね。
 蟹江は地形的にも地理的にも、昔から人が住んでいて、重要な拠点でもあったりしたから、古い伝統が受け継がれているということもあるのでしょうか。
 行ってみると名古屋駅から近いし、またチャンスがあれば別のお祭りも見てみたいと思います。

2012-08-06 21:03 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/2815-d890622c