東山植物園便り ---7月後半 - 現身日和 【うつせみびより】

東山植物園便り ---7月後半

東山植物園-1

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 Di / 70-300mm f4-5.6



 この夏はセミが鳴き始めるのが遅かったし、いつもの年よりも数が少ないように思う。たまにそういう年もあるから、今年だけが異常というわけではないのだろうけど、少し心配になる。春先の寒さが影響したりするのだろうか。
 これまでセミの姿もあまり撮れていない。抜け殻をやっと撮ることができた。




東山植物園-2

 アジサイの花が咲いている頃はチビだったカマキリも、今やすっかり大人になった。




東山植物園-3

 久しぶりにニホントカゲを撮った。
 独特の光沢感があり、縞模様と尾っぽの青が特徴だ。
 もう一歩近づいたら逃げられてしまった。カナヘビよりも警戒心が強いかもしれない。




東山植物園-4

 東山植物園でカワセミを見たのは初めてだ。
 いるならもっと頻繁に出てきてくれればいいのに。
 レンズを望遠に交換しようとしたら飛び去った。




東山植物園-5

 ハッチョウトンボもそろそろ終盤。
 交尾しているところを一度撮りたいと思いつつ、いまだ見たことさえない。トンボの中では異例の短さで、数十秒しか続かないというからチャンスは少ない。




東山植物園-6





東山植物園-7





東山植物園-8





東山植物園-9

 アジサイもすっかり終わって、花の少ない季節になった。
 そんな中、元気に咲いているのがこれ、ノウゼンカズラ。




東山植物園-10

 この日、新たな試みとして、300mm望遠で飛んでいるトンボを撮るというのがあった。
 しかし、ファインダーに収まる範囲が狭すぎて、激烈に難しい。ファインダーをのぞくにせよ、ノーファインダーで撮るにせよ、奇跡的なまぐれ当たりでしかファインダー内に収まらない。収まったとしても、ピントまで合わせるとなると不可能に近い。
 早々にあきらめて、90mmマクロに切り替えた。300mmでは撮れる気がしない。





東山植物園-11

 シオカラトンボのランデブー。
 このペアで交尾と産卵を繰り返していた。




東山植物園-12

 ギンヤンマのパトロールはだいたいコースが決まっているので、他のトンボの自由飛行よりは狙いやすい。




東山植物園-13

 7月終わりの東山植物園。次回はもう8月だ。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

小さな頃に夢中になった生き物たちです
ちらっと覗いているカマキリが面白いですね

以前赤とんぼが大量に飛んでいたので、これだけいれば・・
とカシャカシャ写してみましたが、全滅状態でした
難しい被写体ですよね

2012-07-31 21:46 | from equinox | Edit

虫撮り

>equinoxさん

 こんにちは。
 虫のたぐいって、子供の頃は親しみがあっても、大人になるとあまり関わることがなくなりますよね。
 写真を撮るようになって、また近しい存在になりました。
 昆虫採集の代わりのようなものですね。
 トンボ撮りは、この夏の課題です。夏が終わるまでにもっと上手く撮れるようになりたいと思ってます。

2012-07-31 23:07 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/2806-62513cad