竹鼻を歩く <後編> - 現身日和 【うつせみびより】

竹鼻を歩く <後編>

竹鼻2-1

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4



 竹鼻町歩きの後編は、商店街の風景を中心にお届けします。
 他の地方都市と同様、駅前商店街はすっかりさびれてしまっている。ただ、それほど寂しい感じはしない。懐かしさの方が強く感じられた。
 名物は、なまずらしく、あちこちになまずの文字が見えた。毎年、なまずまつりというのも行われているんだとか。みんなでなまずを食べるのだろうか。
 7月の終わりには、七夕まつりもあるようだ。




竹鼻2-2





竹鼻2-3





竹鼻2-4





竹鼻2-5





竹鼻2-6





竹鼻2-7





竹鼻2-8





竹鼻2-9





竹鼻2-10





竹鼻2-11





竹鼻2-12





竹鼻2-13

 竹鼻の町は、とてもいいところだった。今回は滞在時間が短かったから、できれば再訪したいところなのだけど、どこの町も一期一会で、次はない。機会があったとしても、同じではない。自分も変わるし、町も変わる。光も違うし、歩いている人も別だ。
 心の中に、また行きたいと思う町をたくさん持っているのは、幸せなことかもしれない。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/2757-7888d51d