少しずつ春 - 現身日和 【うつせみびより】

少しずつ春

東山植物園-1

SONY α55 + TAMRON 180mm f3.5 Di



 今年はちょっと植物園に通おうと決めて、週一くらいのペースで向いていっている。一回が2時間くらいなので、園内をゆっくり一周してちょうどいいくらいだ。
 こんな春先では一週間ではあまり変化がないかと思いきや、先週咲いていなかったものが咲き始めていたり、咲いていたものが終わっていたりして、季節の変化の早さに驚かされる。
 1月にこれほど植物園へ行ったことはなかったし、植物の変化を細かく観察したことも初めてのことだ。撮ることは見ることから始まる。通っていれば小さな変化にも気づくし、同じ被写体でも違う写真が撮れる。
 絵画の基礎はデッサンであり、スケッチだ。写真も同じはずなのに、カメラのシャッターを押せば写るから、そういう基本部分を飛ばして先へ進んでしまう。上達したければ、よく観察して、丁寧にスケッチすることをやらなければいけないと、最近思うようになった。



東山植物園-2

 マンサクも咲き始めた。
 来月になれば、早春の花が次々に咲いてくる。梅もそう遠くない。



東山植物園-3

 ソシンロウバイも、どんどん花開いてくる。



東山植物園-4

 気の早い羽虫が地面を元気に歩き回っていた。まだまだ寒いだろうに。



東山植物園-5

 少しずつ春の気配は濃くなってきているとはいえ、季節は真冬の一番寒いときだ。日陰ではこの日も氷が張っていた。



東山植物園-6

 どんな花もそうだけど、スイセンも光を受けて輝いている姿が一番きれいだ。



東山植物園-7

 サンシュユか何かの赤い実。



東山植物園-8

 ムラサキカタバミかなと思ったけど、定かではない。このときは花を閉じていた。



東山植物園-9

 冬の華とでもいいたくなるくらい賑やかな綿毛。



東山植物園-10

 畑にはカブが育っていた。



東山植物園-11

 寒椿。
 相変わらず寒椿のピークが分からない。いつ行ってもまばらに咲いている。



東山植物園-12

 カンザキアヤメは、もう終盤だろうか、終わった花とつぼみだけだった。



東山植物園-13

 不思議な姿をした葉。



東山植物園-14

 葉脈をもっと撮りたい。



東山植物園-15

 春の訪れを告げる花の一つ、菜の花。
 少しずつ春が近づいていることを実感する。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/2526-8b82aedc