東谷山フルーツパークで春野草 - 現身日和 【うつせみびより】

東谷山フルーツパークで春野草

東谷山-1

SONY α55 + TAMRON 180mm f3.5 Di



 早春の野草を求めて東谷山(とうごくさん)フルーツパークへ行ってきた。
 街中ではまだまだ春の気配は感じられないものの、果樹園などの肥沃な土地には一足早く春の野草たちが顔を出し始める。
 しだれ桜で有名なフルーツパークは、いまだ冬の中といった感じで、訪れている人も少ない。それでも、地面にしゃがんで、よくよく目をこらしてみれば、あちらにもこちらにもお馴染みの花たちを見つけることができる。
 野草撮りは、そんな1月、2月が一番楽しい時期かもしれない。春になってしまえば、花が咲いているのが当たり前になって、ありがたみが薄れるものだから。



東谷山-2

 ホトケノザは、春の野草のトップバッターといっていい存在だ。何故か秋に咲いていることもあるけど、春先一番に見つかるのはこの花のことが多い。



東谷山-3

 曇り空で閉じているものが多かったけど、オオイヌノフグリも咲いてきていた。
 ヒメオドリコソウはもう少しあとになるだろうか。



東谷山-4

 春の七草の一つ、ナズナ。
 昔は若苗を食べたそうだけど、花が咲く頃にはもう遅いのかもしれない。



東谷山-5

 四季桜とプレートにあったと思う。
 四季桜といえば、小原村が有名だ。あれと同じ種類ということだろうか。



東谷山-6

 秋にはピンク色になるマユミの実。冬になるとパカッと開いて種を落とす。



東谷山-7

 枯れ葉の色が気に入った。こんな色の服とか靴とかに惹かれる。



東谷山-8

 流れに沈むモミジの枯れ葉。
 モミジの葉は、この時期でもまだけっこう残っている。



東谷山-9

 綿毛はまだまだ撮りたい。もっと魅力的に撮れるような気がしている。



東谷山-10

 水の流れに。



東谷山-11

 春はまだしばらく先だから、今から追い求めすぎると、いざ春が来たときにはもう飽きてしまうなんてことにもなりかねない。今はもう少し冬らしい光景を撮っていきたい。
 雪が降るふるといいつつなかなか積もるほど降らない名古屋なのだった。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

綿毛の写真がきれいですね。これほどの接写で被写体ブレないですか? 私はいつもそれで難儀してます。ピントの山が全然わからないし。

2012-01-29 06:39 | from keiichi_w

ご無沙汰しております。^^
東谷山、しばらくいっていませんが、また行ってみたくなりました。^^
少しだけど春の気配はしているんですね。。。^^
ほっこりした気持ちになりました。
ありがとうございます。^^

2012-01-29 16:40 | from lavie | Edit

ブレないように

>keiichi_wさん

 こんにちは。
 綿毛の写真は好きで、最近特によく撮ってます。
 残り具合とか、光の加減とか、背景の色によって、まだまだ可能性があると感じてます。
 ブレは、手ぶれも、被写体ブレもありますよね。
 手ぶれは、α55の手ぶれ補正がかなり強力なので助けられてます。
 ただ、風が強いときは、どうにもダメですね。
 全部手持ちで撮ってるんですが、連写するか、枚数をたくさん撮るかで、一番いいのを選んでます。

2012-01-29 23:03 | from オオタ | Edit

遠くて近い

>lavieさん

 こんにちは。
 最近は忙しくしてますか?
 lavieさんのところは見てるんで、新しいデジを買ったことも知っているのだ(笑)。
 東谷山は、なんといってもしだれ桜の季節ですよね。ここのところ毎年のように行ってます。今年も行くつもりでいます。
 春は遠いようで近いかも。

2012-01-29 23:05 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/2522-5f0a1d36