モンキーパークでお猿を撮る - 現身日和 【うつせみびより】

モンキーパークでお猿を撮る

モンパ-1

SONY α55 + MINOLTA APO 100-300mm f4.5-5.6 D



 尾崎豊「Oh My Little Girl」の世界。
 モンキーパークのヤクザルたち。

 去年の秋、寂光院で紅葉を撮ったあと、モンキーパークにも行ってきた。
 モンキーパーク、略してモンパも、ずいぶん久しぶりだった。初めて行ったのはまだモノレールが走っているときのことだった。モノレールが廃止になって何年か経っていたから、かなりの歳月が流れている。園内は特に大きな変化はなさそうだったけれど。
 紅葉がメインで、歩き回るということで、重たい500mmは持っていけず、300mmで妥協した。しかし、やはり300mmでは届かず、もどかしい思いをすることになった。チャンスがあれば500mmを持ってもう一度行きたい。



モンパ-2

 モンキーパークは、お猿さん専用の動物園で、普通の動物園よりも猿が快適に過ごせるような施設が整っている。
 吊り橋のようなものや、鉄塔みたいなものがあって、そこを猿が渡っていく姿も、見所の一つとなっている。
 これは、フクロテナガザルだと思う。
 猿も木から落ちるというけど、基本的に猿は高いところから落ちない。落ちたらタダでは済まない。



モンパ-3

 ジェフロイクモザル。
 中央アメリカにいる猿だ。
 樹上生活している猿たちは、尾っぽが発達していて、手足と同じように使ってバランスを取っている。



モンパ-4

 青空をバックにジャンプしている決定的シーンを狙っていたのだけど、この日は曇天で、ジャンプする姿も見ることができなかった。



モンパ-5

 確か、アヌビスヒヒ(ドグエラヒヒ)だったと思う。
 仲良しで抱き合っているのか、寒くて抱き合っているのか。親子かもしれない。
 ヒヒの城と名付けられたエリアにワラワラたくさんいる。70頭くらいいるらしい。



モンパ-6

 エリマキキツネザル。
 非常に落ち着きのないやつらで、とにかく動き回っている。



モンパ-7

 トクモンキーだったか、ちょっと自信がない。
 そうだとしたら、スリランカあたりにいる猿だそうだ。



モンパ-8

 お世話をする飼育員さん



モンパ-9

 触れ合うことはできないものの、ワオキツネザルは運動場に入って、間近で見ることができる。
 人を恐れず、近くを走り回っている。



モンパ-10

 これくらいの距離感。



モンパ-11

 ブラウンキツネザルのはず。
 クロキツネザルというのもいた。



モンパ-12

 小さい人気者、ボリビアリスザル。
 ここも近くにいくことができる。

 犬山の奥ということで、自転車で行くには遠すぎるのが残念なところだ。明治村くらいだったら、ちょくちょく通うのに。
 犬山は他にもリトルワールドがあるのだけど、3つの施設が離れているので不便だ。犬山城も、また別の場所にある。全部が近い距離にあれば、観光地としてもっと賑わうだろうに。
 モンキーパークは、そのうちまた行くことになると思う。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

写真の捉え方って、人によって本当に違いますね
とても新鮮でした

参考にさせて頂きます

2012-01-07 03:15 | from so--dakke(mellow+surge)

動物の写真

>so--dakke(mellow+surge)さん

 こんにちは。
 コメントありがとうございます。
 写真、楽しんでもらえたら何よりです。
 動物も、魅力的な被写体ですよね。
 動物園にも多くの写真的可能性があると思ってます。

2012-01-07 22:49 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/2497-f46736a9