桃源郷が見つからず、後憂を残して現実世界に帰還 - 現身日和 【うつせみびより】

桃源郷が見つからず、後憂を残して現実世界に帰還

猿投の桃園

Canon EOS 10D+EF28-105mm(f3.5-4.5), f5.6, 1/100s(絞り優先)


 猿投の桃を見てきた。といっても、サルが桃を投げる芸を見てきたわけではない。猿投というのは地名で、「さなげ」と読む。猿投山、猿投インター、猿投神社、そのあたりで地元ではわりと有名な場所だ。地理的には豊田市の北西、グリーンロードの猿投インターのあたり一帯が桃園となっている。全部で2万本というからなかなかのものだ。
 桃の花だから、桜や梅ほどメジャーじゃないし、桃の花自体あまり知られてない。だから観光客がドヤドヤ押しかけるというわけではないものの、この前中日新聞に載ったこともあって、にわか名所となっている。私が行ったのは夕方の日没前だったから数人しか見かけなかったけど、昼間や週末はけっこうなにぎわいのようだ。

 それにしてもここの写真を撮るのは難しい。実際はあたりがピンク色に彩られ、華やかな雰囲気に包まれているのだけど、写真ではそれを伝えることができない。2万本とはいえ、1キロ四方くらいに散在していて密集してないから、ここというポイントがない。たぶん、地元の人なんかはいいビューポイントを知ってるのだろうけど、フラッと立ち寄っていきなりそんなポイントを見つけるのは難しかった。各農家さんがそれぞれの土地で栽培してる桃で、見栄えがいいように計算して植えてあるわけでもない。
 時期的にはどうだったんだろう。満開が先週末くらいだったようだから、少し遅かったかもしれない。桃の花は、最初白っぽくてだんだん赤色が濃くなっていったところで花をつんでしまうんだそうだ。そうしないと美味しい桃がならないらしい。つまなくても花は一週間程度で散ってしまう。
 通常桃の花の見頃は、ソメイヨシノ満開の一週間遅れくらいだと言われている。桃の節句の歌に出てくるあの桃は、温室で育てられたもので、普通はそんなに早くは咲かない。

 原産地は中国で、桃の字も中国の字だ。日本には弥生時代くらいに伝わったのではないかと言われている(縄文時代という説もある)。昔は観賞用や薬用が主で、実を品種改良して美味しく食べられるようにしたのはずっと後の明治時代、それも輸入したものがきっかけだった。桃の食用としての歴史は意外と浅い。
 女の子の節句がどうして桃の節句かというと、桃はたくさんなることから豊穣の象徴だからというのがひとつある。あと、桃の字の中の兆しをおめでたの兆しになぞらえてそこから女性に関係するようになったからとも言われている。桃太郎の元々のストーリーは、拾った桃を食べたおばあさんとおじいさんが若返って、出来た子供が桃太郎というものだった。ピンクを桃色とも言うし、桃にはそういうイメージがある。ももの実の見た目からきてる部分もあるだろう。

 桃の花の手前に咲いている白い花は梨の花だ。これがリンゴの花だったら、りんごももか姫だったのに、惜しい!(そういう問題か?)
 梨の花もあまり見る機会はないと思うけど、ちょうど桃と同時期に咲く花だ。この後少し遅れてサクランボ、リンゴなどが続く。秋に実がなる木はこの時期に花を咲かせるものが多く、見慣れないと区別が難しい。
 梨の原産は日本と中国で、弥生時代から食べられていたことが遺跡から分かっている。今私たちが食べているものは、野生を品種改良したものだ。21世紀になっても、やっぱり二十世紀が一番有名だろう。
 桃も手間がかかるけど、梨もかかる。花を咲かせている一週間のうちにひとつひとつ手作業で人工交配させていかなければならない。耳かきのうしろの綿みたいなのの大きいやつでポンポンポンと、花粉をつけていく。上を見上げながらの作業なので、めちゃめちゃしんどい。とりあえずバレーボール部の1年生にやらせるといいと思う(実際は難しい作業なので素人には任せられない)。

 歌舞伎界のことを梨園というのは、唐の玄宗皇帝の故事からきている。玄宗皇帝は踊りや音楽が好きで、梨のたくさん植えられている庭で人々に踊りや歌を教えていた。その人たちが梨園の弟子と呼ばれたことから、転じてその世界の人々を指す言葉となった。
 桃源郷も同じく中国の話から来ている言葉だ。漁師が桃の花が咲き誇る夢のような場所に迷い込んで、あまりにも素晴らしかったのでもう一度行こうとしたけど二度と見つけることができなかった。そこから、行きたくても行けない理想郷という意味で桃源郷と言われるようになった。

 今回は短い時間で、文字通りの桃源郷気分とまではいかなかった。ベストのビューポイントも見つけられなかったし、写真も心残りがある。また来年ぜひ訪れたい場所がこれでひとつ増えた。南山国際高校の北、419号線と349号線の間、サークルKから西に入ったあたりにいいポイントがあるらしい。車では入っていけない場所だから、どこかにとめて歩いていかないといけない。来年はぜひそこに踏み込んでいきたいと思う。そこがもし、本当の桃源郷だったら、私は迷い込んで出てこられなくなってしまうかもしれない。来年の4月15日頃、突然ブログの更新が止まったら、私は桃源郷へいっちゃったと思ってください。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

うふふふふっ(←気持ち悪い)
こんにちは、オオタマサユキさん(^^)
今回は無事に帰ってこられたみたいで良かったです。
サークルKを西に入ったビューポイントを地図に書きこんだので来年
行ってみますね。
そして桃の木の下で泣いてる男の人がいたら救助してあげる予定です。
そして娘は、お礼に一眼レフを貰うのでしたぁ~(えっ、そんな話しなの?)
だから、安心して遭難しちゃってくださいね!(絶対嫌?)
抱き上げる事は不可能だと思うので、怪我にはくれぐれも気をつけてね!
さぁ~、今年こそご対面しましょうね。

2006-04-18 09:14 | from シイナアオイ

こんにちは♪

なかなか内容が奥深い。。。

来年は楽しみでございますねぇ^^


ポチッとv-154

2006-04-18 15:44 | from †Tiara†

タケコプターがあれば

★シイナアオイさん

 こんにちは。
 行ってきました、猿投の桃園。
 写真を撮るのは案の定難しかったです。(>_<)
 一面の桃色畑を撮るには、どこか高いところに登らないといけないですよね。ヘリコプターに乗って撮りたい~と思いましたよ(笑)。
 来年もう一度チャレンジです。サークルKの奥は、東の道路よりも、西の道路から入った方が近いのかもしれない。あのへん、細い道が多いんですよね。(^^;

 現地でのニアミスやバッティングは歓迎ですよー。ただ、新しく買ったEXILMで浮かれて車の中から写真を撮っていて、私の車に突っ込んでくるのだけはやめてくださいね(笑)。
 桃源郷に迷い込みそうになっている男がいたら、首根っこをつかまえて引き戻してください。
 ただし、デジタル一眼は放さないと思う(笑)。

2006-04-19 03:08 | from オオタ | Edit

桃につていもっと?

★†Tiara†さん

 こんにちは。
 締め切りは大丈夫でしたか?
 なんの締め切りだろう。(^^;

 桃については、もっといろいろ書いてもよかったんだけど、書けば書くほど下ネタになりそうなので、あれくらいにとどめておきました(笑)。
 秋になって、桃の実を食べたときは、また何か書くかもしれません。秋が楽しみですね。

 桃園は、来年もぜひ行って撮りたいところです。次こそ、もっと一面が桃色に染まっている様子をお見せしたい。

2006-04-19 03:13 | from オオタ | Edit

今日、遅いかと思いつつ、猿投行ってきました。が、イマイチ場所が分からず、猿投温泉まで行って帰ってきました。そして、場所の確認をしようと検索したら、ここに来てしましまいした。来年は、きっと!!見たいです。

2006-04-25 15:38 | from kattyan | Edit

来年の約束

★kattyanさん

 はじめまして、こんにちは。
 猿投の桃園は残念でしたね。
 花は見頃になるとすぐに農家さんが摘んでしまうというから(美味しい桃がなるように)、もし場所が分かってももう残ってなかったかも。
 見頃は4月の15日前後の一週間くらいのようです。
 場所はこれといったポイントがなくて説明がしづらいんだけど、グリーンロード猿投インターの南側で、419号線と349号線の間くらいになります。
 見頃の時期なら、あんな場所に不自然に人や車が多いんで、分かると思うんだけど。
 何もない時期に行っても、誰も歩いてません(笑)。
 私も今年は心残りだったんで、来年ぜひ行きたいと思ってます。お互い、来年こそ、ピンクに染まる猿投の桃園を見ましょうね。(^^)

2006-04-26 02:26 | from オオタ | Edit

419も349も走った気がします。一人だと、止まって地図を見たりで、なかなか、準備が悪いとだめですね。来年はいい写真撮って、こちらに伺いたいと思います。」

2006-04-29 22:13 | from kattyan

来年もきっと行きましょう

★kattyanさん

 こんにちは。
 419号線と349号線を走ってもピンクが見えなかったということは、すでに花が摘み取られた後だったのかもしれないですね。だとしたら残念。(>_<)
 いいスポットは見つけられなかったんだけど、咲いてる時期に行けばそこら一帯がピンクになってるからきっと分かります。
 また来年ですね。
 私ももう一度行ってピンクの絨毯を撮りたいと思ってます。また情報交換しましょう。(^^)

2006-04-30 03:28 | from オオタ | Edit

はい、また、違ういい所があったら紹介してくださいね。
私は、昼神の花桃が見たいのですが、行けるかどうかです。もうじきみたいなので。。

2006-05-01 19:07 | from kattyan

行きたい、見たい、撮りたい、月川温泉の花桃

★kattyanさん

 こんにちは。
 URLがあったので、そちらにお邪魔しました。(^^)

 昼神温泉の花桃はすごいみたいですね。最近知って、ぜひ行きたい! と思ったんだけど、遠い!(笑)
 ガソリンが値上がりしてるこの時期、高速で行くとけっこう高くなるよなぁと考えると、迷ってしまいます。(^^;
 写真で見ると、月川温泉あたりが素晴らしいみたいですね。あー、やっぱり行きたいなぁ。
 もしkattyanさん、行ったら教えてくださいね。
 今年はまだつぼみらしいから、ゴールデンウィーク明けになりそうですよ。

2006-05-02 03:34 | from オオタ | Edit

やっと2分とか3分らしいですね。
昼神の奥の、清内路村もいいようですよ。
ガソリンの値上げはいたいですね。高速はもっと痛いので、出来るだけ、下道で行きたいんですけど、どうなることか。。

http://www.seinaiji.jp/ ←清内路村〔せいないじ〕のHPです

2006-05-02 12:02 | from kattyan

国道で行ったら何時間

★kattyanさん

 こんにちは。
 まだ昼神の花桃は2、3分ですか。今年は遅いですね。ゴールデンウィーク期間中に見頃にならないかも?
 ゴールデンウィーク明けに行けたら行きたいんだけど、まだ気持ちが向かいません。(^^;
 5月はいろいろメニューも多くて、そっちに気を取られてるってこともあって。
 まずは藤を見ないと落ち着かないし、藤岡のツツジもぜひ見てみたいところです。

 昼神まで一般道で行ったら、何時間かかるんだろう(笑)。
 学生の頃は、東京まで国道1号線で行ったことがあるけど、あれはつらかった。今はもう無理だろうなぁ。(^^;

2006-05-03 03:03 | from オオタ | Edit

3分咲きだそうですね。153号で行くと、うちから100キロくらいです。高速使って、130キロだそうです。3年くらい前、娘と、車山まで下道で日帰りはかなりキツカッタです〔笑〕

2006-05-03 18:26 | from kattyan

だんだん行けそうな気が

★kattyanさん

 こんにちは。
 花は遅れてると油断してるとあっという間に咲いてしまうから安心できないですよね。(^^;
 kattyanさんはもう行き決心がつきましたか?(笑)
 考えたら、私去年一般道で馬籠、妻籠まで行ったんでした。昼神はそこからもう少しですよね。これは行けるか?
 現地の広さがイメージできないんだけど、もし歩いて回れるようなら、高速バスで行った方が楽で安上がりかもしれない。ちょっと本気で考えてみよう。

2006-05-04 02:41 | from オオタ | Edit

私も、バスをちょっと考えていました。気持ち的には、8日に行けたらと思っています。どうなることか。。ですが、きっと見頃の「はずなので、今年のチャンスはその日だけですから。

2006-05-04 14:27 | from kattyan

偵察部隊を送る(笑)

★kattyanさん

 こんにちは。
 8日ですかー。それはなかなかいいねらい目ですね。
 と思ったら、同じようなことを考えてる人が意外と多くて混み合うのかも?(笑)

 高速バスは、いつも考えるんだけど、まだ使ったことないんですよ。一回使ってみると、そのいいところと悪いところが分かると思うんだけど、なかなか機会がなくて。
 自分の車で行くと、何かと便利なんですよね。時間にも縛られないし。
 kattyanさん、行ってきたら様子聞かせてくださいね。それによって行くかどうしようか決めますから(笑)。

2006-05-05 03:16 | from オオタ | Edit

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/219-0069025d