小幡緑地へ行くのはたいてい夕方 - 現身日和 【うつせみびより】

小幡緑地へ行くのはたいてい夕方

小幡緑地-1

PENTAX K-7+PENTAX DA DA 55-300mm f4-5.8 / TAMRON 90mm f2.8



 家から自転車で20分のところにある小幡緑地本園。前からちょくちょく行っていたけど、最近その頻度が上がっている。自転車で行くのにほどよい距離で、公園内も自転車で移動できるから、車のときよりも楽だったりする。行き帰りの坂道がちょっときついのだけど。
 この公園がいいのは、水風景があることだ。池が三つあって、それぞれ違う風景を見せてくれる。小さな流れもある。猫もたくさんいるから、どの季節に行っても、何かしら撮るものがある。秋になれば虫も花もなくなって寂しくなるものの、代わりに渡りのカモが飛来する。
 訪れるのは、たいてい夕方だ。夕焼け空と水風景を絡めて撮りたいと思うから、日没前くらいに行くことが多い。
 今回の写真は、別の日に訪れた二回分を一回にまとめている。

小幡緑地-2

 秋のカマキリ。
 虫が少なくなった今の季節、モデルになってくれる貴重な存在だ。
 カマキリはどこからその自信が来るのか知らないけど、人を見ても逃げないし、レンズを向けられてもまったく動じることがない。小さな黒い目でこちらを見ている。攻撃してくるようなこともないから、被写体としてはとても都合がいい。フォトジェニックで魅力的でもある。

小幡緑地-3

 草むらの中の猫。モデル撮影っぽい。

小幡緑地-4

 ノラ顔。いい面構えだけど、いかにもノラといった感じだ。
 猫も育ちが顔に出る。飼い猫は飼い猫の顔をしているし、ノラはやっぱりノラの顔だ。

小幡緑地-5

 あ、UFO。
 謎の発光物体を捉えた。
 写真を拡大してみると飛行機っぽい形をしているのだけど、そうとも言い切れない。
 夕陽に照らされたにしては光が強すぎたし、ちょっと目を離したら消えてなくなっていた。
 未確認飛行物体とはあまり関わらない方がいいような気もする。

小幡緑地-6

 この日は風が強くて、水面の映り込みが撮れなかった。
 長時間露光で夕陽のピンクを写す。

小幡緑地-7

 ここからは別の日。このときは風が弱くて、水面はまずまず穏やかだった。
 紅葉もけっこう進んできた。まだ少し先と思っていた紅葉シーズンも、もう目の前まで迫っている。

小幡緑地-8

 雲の間から光のシャワーが降り注ぐ。
 夕焼けショーの始まりだった。

小幡緑地-9

 75秒くらいの露光。これくらい長時間になると、水面が鏡面仕上げになる。さざ波の状態によって仕上がりが違ってくる。

小幡緑地-10

 長時間露光では、流れる雲にも動きが出る。
 空一面がオレンジに染まることはなかったけど、雲の表情がドラマチックだった。

小幡緑地-11

 太陽が沈んで、暗転した。
 秋は夕景撮りが面白い。

スポンサーリンク

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-11-11 09:16 | from -

トラックバック

http://utusemibiyori.com/tb.php/1985-8fe84e53